定期預金の注意点

定期預金にもリスクやデメリットが無いわけではありません。

ペイオフにおける上限は1000万円

定期預金といえど、リスクやデメリットが全く無いわけではありません。

ペイオフ(預金保険制度)における上限は1000万円までなので、それ超える貯蓄額の場合、なるべく信用性の高い銀行を選ぶ必要があります。できれば定期口座には1000万円以上預けない方が無難かもしれませんので、用途や預け入れ期限に合わせて、いくつかの銀行を分けておくのもひとつの方法です。

また定期預金を解約した場合には、中途解約利率(ペナルティ金利)が適用され、利子がかなり低くなってしまいます。とりあえず・・・と適当な期間を決めて預けるのは危険なので、あらかじめしっかりとした運用計画を立てておきましょう。

さらに普通預金よりも金利が高いことに惹かれて定期預金を利用した場合でも、固定の場合は逆にもったいないことになるかもしれません。低金利が続く現在では、これから金利が少しずつ上がると予想されており、高いと思って10年ものに預けてしまっても、半年、1年後に金利が上昇する可能性があるからです。その際、変動金利か短い預け入れ期間を選べば、金利上昇に柔軟に対応出来ます。

定期預金はその預け入れ期間の長さと安定性の良さがアダとなり、預けた後はほとんど見直さなくなってしまうのが最大の問題点です。確かに一度預け入れたら少しずつ増えていってはくれますが、現在の低金利のままということを忘れてはいけません。

前述の通り金利は変動しますので、低い金利で長い間預けるよりも、金利が高くなった定期に預け変えた方が最終的にはお得になる場合もあり得ます。時々情報収集して、自分の利用している定期預金の利率と現在のものを見比べ、今後の貯蓄期間などを考慮に入れ、見直しを行う必要があるのです。

常にアンテナを張り巡らし、情報収集して、自分の財産を守り、増やしていきたいものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.