全国銀行協会とは

全国銀行協会とは、「全銀協」ともよばれる一般社団法人です。

全銀システムを開発したのも、全国銀行協会

全国銀行協会とは、通称・全銀協とよばれる、日本の銀行が会員や持ち株会員になり組織している一般社団法人です。銀行持株会社には、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友トラスト・ホールディングス、みずほフィナンシャルグループがあります。

全国銀行協会の活動は多岐にわたります。日本国内はもちろん、国際レベルでの経済発展のためのシステム開発といった大がかりなインフラ整備から、顧客一人一人が満足できる金融業のための共通ガイドライン作りなどを行っています。身近な活動では、銀行が扱っている金融商品の詳しい説明や利用の仕方を子供の頃から慣れ親しめるように、小学生や中学生、高校生向けの教材の開発なども行っています。

全国銀行協会とは、日本にある全ての銀行が業務を円滑に行えるように、システムの開発などを行っている銀行業界の連合体です。ATMを利用して、現金のやりとりができるのは全国銀行協会が開発した全銀システムに各銀行が参加しているためです。また、企業間で現金のやり取りをするよりも安全な小切手や手形の取引などを電子化した「でんさんネット」の設立、普及も全銀協が担っています。

また、全国銀行協会では、近年増加している金融犯罪への対策などの取り組みも行っています。取引銀行の行員や、銀行協会職員を騙り、電話や訪問で口座番号や暗証番号を聞き出したり、カードや現金を預かるなどの事件が発生しています。全国銀行協会とは、このような事件に関することや、金融機関との取引で起こったトラブルの相談を、全国銀行協会相談室で受け付けている団体です。

全国銀行協会とは、全国銀行個人信用情報センターの設置と運営も行っている、金融業界の任意団体です。個人信用情報機関として、ローンやクレジットカードなどの信用情報を保管し、クレジットカードの利用時に行う与信への情報提供などを行っています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.