金利の比較を定期預金で

金利の比較を定期預金で

定期預金は普通預金より高い利子が受け取れます。

定期預金は貯蓄の安心感を生む

金利の比較をすると、定期預金普通預金よりも少し利子がよい程度という寂しい現実なのがよくわかります。銀行にもよりますが、今では普通預金と比較して、0.01%〜0.05%程度しか金利が高くありません。

それでも、定期預金は普通預金よりは高い利子が受け取れます。預入の金額が300万円や1000万円など高額だと大口定期といって、さらに高い利子を設けている銀行もあります。だいたい銀行はどのぐらいの金利を設けているかを、定期預金を組む予定ならば、ぜひ調べて比較検討をしておきたいです。

定期預金は、預けてから一定期間おろすことができません。満期まで解約できませんが、その代わり普通預金に比べると金利が高いです。銀行により預入期間が違い、最短で1ヶ月、他には、2〜6ヶ月、1年、最長で10年くらいまでの期間取り扱う銀行もあります。

なかなか今の時代、定期預金を組んでもお金が増えないので、利用者は少ないかもしれません。しかし、それでも普通預金に入れるよりは金利も高めです。余裕のある資金ならば、定期預金にするのもよいアイデアです。それに、あえて使わないようにするために定期を組む人もいます。

何年も前から定期を利用していた人も、今は金利が低く、なかなか資産が増えないのが現状です。それでも、普通預金よりは金利も高いので、それで納得している人もいるでしょう。また、定期を組むことで貯蓄をしている安心感もあります。出し入れが簡単な普通預金と、一旦預けると自由に出し入れできない定期預金を、バランスをよく活用するのが堅実な貯蓄の第一歩かもしれません。

必要があれば、定期以外の金融商品も利用しながら、金利が上がった時のために、資産を貯めておくのもひとつの方法です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.