日本銀行の3つの役割

日本銀行の3つの役割は、日本経済にとってとても大切なものです。

日本銀行の中央銀行としての使命とは?

日本銀行には3つの役割があるといわれています。その日本銀行の3つの役割とは、「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」になります。日本銀行は国の中央銀行として、日本の経済や、市中銀行などの金融機関の良好な運営を守る使命があります。そのために様々な活動が行われています。

日本銀行の3つの役割とは、まず第一に紙幣が発行できる「発券銀行」としての役目があげられます。日本や世界の経済を見通し、政府と意見のすり合わせを行いながら、金融政策にともなう紙幣の発行業務を決めます。日銀の追加金融緩和がきっかけで、株高と円安が進んだ事例などは特徴的なエピソードといえます。

そして日本銀行の3つの役割の第二が、「銀行の銀行」とよばれているのは、日本銀行の中に、みずほ銀行などのメガバンクや地方銀行など、市中銀行の金融機関の口座が作られているためです。その口座は日銀ネットで、日銀と金融機関間の決済オンラインシステムが組まれています。さらに、金融機関の経営を把握するために、直接各銀行に出向いて立ち入り調査をしたり、聞き取りのヒアリングで経営分析を行っています。調査の結果は、分析をまとめた書類を月報や短観といった形で発表しています。

最後に、3つの役割の第三です。「政府の銀行」として、日本銀行では国の事務を行っています。国から国民に請求される国税や社会保険料などのお金の受け払い先は、日本銀行になっています。その際に使われる納付書類は、日銀の本店で機械に読み込まれた後、該当の省庁へ納付金額をまとめた書類として送られます。ほかに、国際金融にかかわる事務として、外国為替相場の安定を図るために為替介入も行います。

日銀のくわしい活動や情勢の見方などは、それを記した金融システムレポートが年2回発表されているので、それらを参照するとどんな状況なのかが分かります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.