日本銀行は発券銀行

日本銀行は発券銀行で、日本銀行だけがお札を発行できます。

日銀は、傷んだお札や硬貨の品質もチェックする

日本銀行は発券銀行といわれています。日本に数ある銀行の中で、日本銀行だけが日本の中央銀行として日本銀行券、いわゆるお札の発行ができます。また、日本銀行では紙幣の発行だけでなく、お金の流通や管理も行っています。

紙幣は国立印刷局で製造されて、日本銀行へ運ばれ、本店や支店の金庫に保管されます。その後、市中銀行の当座預金に振り込まれて、世の中に出回ることになるので、日本銀行は発券銀行とよばれています。

日銀が銀行などの民間金融機関に紙幣の発行を行う理由のひとつとして、民間金融機関が負債を抱えてしまった場合などがあります。その際は、銀行が持っている国債や自社の社債といった財産などを担保に、日銀がお金を貸す形で発行されます。

また、金融緩和などの政策が行われた場合、紙幣の量を増やすために銀行が持っている国債を買取り、各銀行の日銀当座預金へ代金が支払われます。日本銀行は発券銀行といわれていますが、ただ日銀券を印刷して、ばらまくという訳ではなく、このような形で世の中に流通させています。

日本銀行では発券銀行として、紙幣の引き換えも行っています。日銀から市場に渡った現金は、物を買ったり、税金として使われ、何年か後に最終的にまた日銀へと戻ってきます。その時に、傷んだお札や硬貨は、品質に問題が無いか、偽物ではないかなどの監査というチェックが行われます。銀行券自動鑑査機で処理されて、廃棄処分になった紙幣はシュレッダーで裁断されて処分されます。ちなみに紙幣の平均寿命は、一万円札が3〜4年、五千円札、千円札は1〜2年といわれています。

破損した現金は、日本銀行の本支店へ持っていくと交換をしてくれます。もちろん、普通の銀行でも対応してくれますが、破れていたり、燃えてしまったり、状態がいちじるしく悪いものだと対応できない場合もあります。しかし、日本銀行ならそういった破損のひどい現金でも鑑定をしてくれます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.