日本銀行と民間銀行

日本銀行と民間銀行の大きな違いは、日本銀行が国の中央銀行である点です。

日本銀行と民間銀行を結ぶ日銀ネット

日本銀行と民間銀行の違いは、日銀は国の中央銀行であることです。民間金融機関では行われない金融政策などを行います。そして日本銀行では、紙幣の発行を行う、政府の会計業務を請け負う、市中銀行の金融システムの安定を図る、といった目的があります。また、日本銀行では、個人の口座開設や、一般企業用の当座預金の開設などは行っていません。日本銀行と直接金融の取引を行っているのは、民間銀行や政府などになります。

日本銀行は民間銀行(民間の金融機関)と代理店契約を行い、民間銀行の窓口で国庫金の受け払いや、国債の業務などを委託しています。そのため、私たちは国からの税金の支払いなどを、直接、日本銀行で行うことなく、全国にある民間の金融機関で行えます。

日本銀行には民間銀行用の当座預金があります。この当座預金は、日銀ネットというコンピュータ・ネットワーク・システムで結ばれ、1日に100兆円を超える取引が行われています。日銀ネットでは、日本銀行と民間銀行のやり取りのほかに、民間銀行同士の決済にも利用できます。

日本銀行にある民間銀行の当座預金には、銀行が業務で支払うお金や、金融機関が持っている預金の一部を預入れる準備金などが入金されています。金利は原則として付きませんが、超過準備金とよばれる金額については、日銀が決めた適用利率で利息が支払われます。

最近はその超過準備金が増え続けていることへの懸念が出てきています。日本銀行が支払っている金利は0.1%あるので、民間銀行の側はリスクのない運用ができます。そのため民間銀行は、日銀当座預金に多額の準備金を預けています。それによって、私たちが利用できる民間銀行の普通預金や定期預金といった商品の預金金利が上がればよいのですが、反映されていないのが現状です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.