日本銀行の働き

日本銀行の働きで重要なのは、物価の安定を目指すことです。

日本銀行の買いオペレーションと売りオペレーション

日本銀行の働きの中で重要なのは、物価の安定を目指すこととされています。日銀が中央銀行として金融政策を行うのは、市場の健全な経済活動を維持させるためです。経済の安定が保てなくては、世の中は徐々に不景気になり、個人の生活はもちろん、企業の経営状態、そして最終的には国力にも影響がおよんでしまうためです。

日本はもちろん、世界各国で採用されている貨幣の量を管理する制度が管理通貨制度です。管理通貨制度では、国ごとの経済状況に応じて通貨の価値が決まります。この制度に基づき、日本では中央銀行である日銀が貨幣の量を管理しています。通貨はその国の経済状況により、量の調節が必要になってきます。お金の量を調節することで、物価の安定が図れるからです。日本銀行の働きには、このような金融政策があります。

日本銀行の金融政策は、公開市場操作(オペレーション)などを利用して、短期金融市場金利に働きかけるのが一般的です。インフレの時とデフレの時では正反対の施策を行います。

デフレの時は、金融機関を通じて市場にお金を流通させるために、日銀は民間銀行が持っている国債などの有価証券を買取ります。そうすることで民間銀行は資金が増えて、個人や企業などに資金の貸し出しが多くできるようになって金利も下がります。金利が下がることで、企業は設備投資などに資金を使い、工事などを行うことで、その結果として経済が回るようになります。こうした日銀の働きを買いオペレーションといいます。

インフレ時は逆に売りオペレーションを行います。こちらは日銀が持っている国債や手形などを金融機関に売り、市場に出回りすぎている余剰金を日銀が買取ります。世の中にあふれているお金が少なくなると、資金の需要が高まって金利が上昇します。このような効果を狙って日銀は金融政策を行っています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.