新生銀行の2週間満期預金

新生銀行の2週間満期預金は、2週間で満期がくる超短期の定期預金です。

超短期定期預金のパイオニア

新生銀行の2週間満期預金は、2週間で満期がくる定期預金です。満期までの期間が短いですが、円定期預金金利が高めで人気のある商品です。2009年6月に登場した2週間満期預金は、超短期定期預金のパイオニアとよばれる商品です。定期預金というと、今までは最短でも1ヶ月の運用が必要でしたが、2週間という短い満期までの期間と高金利な条件が、登場とともに大きな話題を集めました。

新生銀行の2週間満期預金の開設は、新生銀行の新生パワーフレックス口座をお持ちの方なら誰でも可能です。申し込みは店頭や電話、インターネットからできます。

短い満期までの期間を利用して、新生銀行の2週間満期預金に預けます。そして、他行で行われる特別金利キャンペーンや定期預金キャンペーンなどの、もっと有利な金利で預けられる商品の登場までのつなぎとしても重宝されています。

新生銀行の2週間満期預金は、インターネットからの預入は50万円〜、店頭や電話では100万円以上と高額なため、手軽に預金をしにくいのがデメリットです。たとえば、ネット銀行の中で人気の住信SBIネット銀行では、短期の定期預金の取り扱いはありませんが、高金利なSBIハイブリッド預金が人気です。こちらは定期預金ではないので、預入れ額は自由に決められます。

新生銀行の2週間満期預金に似た円定期預金が、各銀行でも取扱いされています。東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」SBJ銀行の「なのかちゃん」などが、同じく短期間で満期がくる定期預金として有名です。さらに、楽天銀行では、高金利な2種類の「定期預金(1週間、2週間)」を、2014年(平成26年)6月から販売をはじめました。楽天銀行の2週間定期預金は、新生銀行の2週間満期預金よりも金利が高く、これから人気が高まるかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.