ジャパンネット銀行とは

ジャパンネット銀行とは、2000年に誕生した日本初のインターネット専業銀行です。24時間・365日、パソコンやスマートフォンなどから取引が可能です。サービス内容も、資産運用、ローン、宝くじなどが豊富です。またセキュリティにも定評があり、ワンタイムパスワードであるトークンを当初より導入しています。

新たな形態の銀行の先駆けであるジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行とは、2000年(平成12年)9月に日本初のインターネット専業銀行として設立された銀行で、金融庁の分類によると「新たな形態の銀行」です。ジャパンネット銀行は、インターネット専業銀行のために店舗がなく、取引はインターネット上にあるジャパンネット銀行の公式サイトで操作します。そして実際のお金の入出金は、提携ATMを通じて行います。口座維持手数料も無料です。

ジャパンネット銀行とは、提携ATMの利便性に長けたネット銀行と言えます。全国にあるセブン銀行ATMやローソンATM、イーネット、@バンクなどのコンビニATMや、三井住友銀行ゆうちょ銀行などの銀行ATMが利用できます。ATMの利用手数料は入金手数料が1回、出金手数料も1回、無料です。

ジャパンネット銀行は、ネットバンクの先駆けとして、様々なサービスを提供してきた金融機関でもあります。イーバンク銀行(現在の楽天銀行)と並んで、インターネット専業銀行が多くの人々に受け入れられるために、既存の銀行とは違う画期的な企画を提供し続けています。たとえば、普通預金金利や定期預金金利の高さや、他行宛ての振込手数料の安さなどがあげられます。それによって、普段使いの銀行として利用されたり、メガバンクなどのメインバンクとは別のサブバンクとして使う人も増えてきています。

ジャパンネット銀行では、デビットカードにも積極的に取り組んでいます。ジャパンネット銀行で口座開設をするとキャッシュカードが発行されるのですが、Visaデビット付キャッシュカードとなっています。クレジットカードを持っていなくても、Visaデビットがあれば、世界のVISAマークのあるお店・ショップで買い物をすることができます。ちなみに年会費も発行手数料も無料です。

ジャパンネット銀行は、インターネットを利用した独自のサービスが人気の銀行です。たとえばジャパンネット銀行の口座を持っている人専用のサービスとして、JNB-J振があります。これはジャパンネット銀行の口座間での振込です。専用URLをメールで振込人に知らせれば、口座番号を知られることなく振込がなされます。また、リンク決済というものもあります。これはジャパンネット銀行と提携しているショッピングサイトなどが利用できるもので、顧客に振込先や振込金額が自動表示され、簡単に支払いができるものです。

ジャパンネット銀行の登場によって、ネットバンキングが身近な存在になりました。ジャパンネット銀行を利用すれば、ジャパンネット銀行と提携をしている様々な提携企業との取引が簡単に行えます。代表的な所ではヤフオクの「Yahoo!かんたん決済」です。このサービスによってジャパンネット銀行口座への落札代金の支払いや、落札代金の受け取りが手数料無料で利用できます。公営競技の投票サービスや、BIGなどの宝くじ、totoといったスポーツ振興くじの購入も手軽に行えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.