定期預金の上手な活用

必然的にお金を貯めることができる資産運用のツールです。

お金を減らさずに貯蓄ができる

定期預金は一定期間引き落とししないで預金を預ける預金である代わりに、普通預金よりも金利が高いので、資産運用の活用ができます。メリットとしては一定期間預けるので、お金を減らさずに貯蓄することができることと、自分の預金なので元本保証があることです。

目的があってお金を残したい場合や貯蓄したい場合は、一定期間は引き落としができない定期預金を利用することは効果があります。定期預金の性質を利用することで、必然的にお金を貯めることができるので、資産運用のツールとしても効果的です。

定期預金のデメリットに長期の預け入れ時には、その期間中の金利上昇が反映されないことがあります。定期預金は口座開設時の金利により契約期間を取り扱うことになるためです。

上手な活用としては、口座開設をする際に公定歩合の引き上げなどの情勢を分析し、金利の高い時期に口座開設すれば、その後金利が下がっても口座開設時の金利が適用されることになります。

公定歩合の情勢を見極めることはそう簡単ではありませんが、少し注意して金利の変動状況を確認しておくと、多少の変動状況は把握できますので、口座開設の際には参考にしてはいかがでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.