定期預金の見直し

賢い資産運用とは、短期型の定期預金で都度見直しをかけること。

短いスパンの見直しが有効

定期預金のメリットは、一定期間預金を引き出しすることができなくなることで、貯蓄として蓄えることができることです。一般的にはコツコツと貯めたお金が一定額溜まったり、ボーナスや、資産売却などでまとまった収入があった場合に、定期預金として預金するケースが多いものです。

定期預金の特徴の一つに、口座を作った時の金利で固定されるということがあります。昔は日本の金利を安定したので、10年満期型などの長期タイプで、高い金利が維持されることにより、満期時にはある程度の利息がプラスされ、メリットの多きいい金融商品でした。

現在では金利が下がり、尚且つ金利変動もめまぐるしく変化しています。そこで、定期預金や貯蓄型の年金、保険などは短いスパンの見直しが有効になります。

近年では安定しない経済情勢もあり、3年から5年で金利は変動します。今口座開設すれば、現時点での金利で契約期間が固定されます。ですが金利は下がったり上がったりを繰り返しているので、都度見直すことで少しでも有利な金利を受けることができます。

定期預金を始める場合でも、3年から5年の満期型にしておき、その時点の金利を確認して再度契約することで、金利が上がっていれば今までよりも高い金利が適用されるようになります。

万が一金利が下がっていても、それまでの元金と金利分は保証されますので、実質的な損害は発生しません。このように、めまぐるしく変動する金利に対応するためには、短期型の定期預金で、都度見直しをかけることが賢い資産運用となります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.