セブン銀行とは

セブン銀行とはセブン&アイホールディングス・グループの銀行で、セブン銀行ATMを利用した特徴的なビジネスモデルで展開しています。

セブン銀行ATMや海外送金などの顧客重視のサービス

セブン銀行とは、コンビニエンスストアのセブンイレブンを展開しているセブン&アイホールディングスグループの銀行です。前身をアイワイバンク銀行といい、2001年に銀行営業免許を取得した新たな形態の銀行です。

セブン銀行といえば、全国にあるセブンイレブンに設置されたATMを思い浮かべますが、実店舗が首都圏や東海地方、九州に7店舗あります。これらの店舗は口座開設や住宅ローンの相談窓口となっています。けれども、普通預金や定期預金を組んだり、両替といった銀行取引はできず、かなり限定されたことしか行っていません。

以上のことから、セブン銀行はATMサービスを主体にした、かなり珍しい銀行であることがわかります。通常の銀行のサービスといえば、預金やローンなどを思い浮かべます。しかし、セブン銀行ではATMをコンビニに配置することで、原則として24時間・365日稼働し続ける金融サービスを提供しています。

さらにセブン銀行は、顧客の要望を重視したサービスを拡大し続けています。具体的には、2001年に銀行免許を取得したアイワイバンク銀行の頃から、「コンビニにATMがあると便利」という声に応えてATMサービスを始めています。さらに、「手続きや送金手数料が高い」「時間が掛かる」と不満の多かった海外への送金を、セブン銀行ATMやネットバンキングで手軽に行える海外送金サービスも提供しています。

また、セブン銀行はローンサービスが手軽に利用できる金融機関です。セブン銀行のローンサービスは口座開設をしてセブン銀行のキャッシュカードを持っている人なら、10万円、30万円、50万円の3種類の限度額の中から選べます。そして借入や返済には、24時間・365日の間稼働しているセブン銀行ATMや、インターネットによるダイレクトバンキングを利用すれば、手数料も掛かりません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.