セブン銀行の提携銀行

セブン銀行は銀行に加えて、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、証券会社、生命保険会社などの金融機関とも提携をしています。

セブン銀行の提携金融機関の数は595社

セブン銀行の提携金融機関は現時点で595社あります。これ以降も増える予定で、将来的にはセブン銀行ATMを利用するお客様がどこのキャッシュカードを持っていても利用できるように、計画が進められています。いつでもどこでもコンビニATMの利点を活かすためには、ATMサービスの拡充が重要だとセブン銀行は考えています。

そんなセブン銀行の提携金融機関には、銀行はもちろん、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、証券会社、生命保険会社などが加盟金融機関として登録されています。これらの提携金融機関のカードで、残高照会や普通預金からの引出し、預入、振込といったATMサービスを利用できます。セブン銀行ATMの利用には基本的に手数料が必要ですが、提携金融機関の中にはこれらの取引が手数料無料で行える場合もあります。また、銀行取引において万全に見えるセブン銀行ATMですが、キャッシュカードしか使えず、通帳の利用ができない仕様になっています。

セブン銀行の提携金融機関はとても多いので、利用できるかどうかを事前にチェックしておきたいです。せっかくセブン銀行ATMを利用しようとしても、セブン銀行と提携している金融機関のキャッシュカードでなければ使えないためです。また、セブン銀行ATMで利用できるキャッシュカードの種類は各金融機関の店舗やサイトの他に、セブン銀行のATM情報サイトでも確認できます。

セブン銀行のATMで利用できる提携金融機関や取引の内容を調べるには、セブン銀行のサイト内にある「使えるカード・手数料」の画面をクリックします。すると銀行や信用金庫やろうきんなどの大まかな金融機関別に区分けがされています。さらに該当の画面をクリックをすると「あ行」「か行」「さ行」といった「あいうえお順」に金融機関名が区分けされています。そして、お目当ての金融機関が見つかったら、さらにクリックしてページを進めると利用できるサービスや手数料の金額が記載されているので、セブン銀行ATMで行える取引の全てが一目瞭然でわかります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.