自動積立定期預金の引出し

自動積立定期預金には、解約せずに途中でお金を引出せるものがあります。

自動積立定期預金から普通預金への振替

自動積立定期預金は、引出しが比較的自由にできる商品が多いです。

定期預金では、最初にまとまったお金を預けるのに対し、自動積立定期預金は毎月入金額を決め指定の口座から引落します。毎月の積立額とは別にボーナスからも積立が可能です。契約時にボーナス月に増額設定ができます。

自動積立定期預金は口座の方に給料が入っていれば、わざわざ銀行まで足を運ばなくても自動引落されるので楽にお金が貯められます。万が一、残高が足りなくて引落ができなかった場合も翌月に2ヶ月分まとめて引落しができる銀行もあります。さらに余裕が出来た時に、直接窓口やATM入金も可能です。

無理なく貯蓄できる自動積立定期預金ですが、通常の定期預金とは異なり満期にならなくても解約せずに途中でお金の引出しも可能です。この場合、自動積立定期預金の普通預金への振替となります。解約ではないので、その後引き続き積立ができます。

自動積立定期預金の引出がATMでできるのが三菱東京UFJ銀行です。ATMの定期預金メニューから手続きができます。解約をせずに普通預金への振替で引出しができます。その際、自動つみたて定期預金通帳、普通預金のキャッシュカードが必要です。

ATMから簡単に引出しができる自動積立定期預金もありますが、みずほ銀行はインターネット支店でも自動積立定期預金を始められます。新規に積立定期預金を始めると金利が店舗型の自動積立定期預金より2倍以上(1年ものの場合)お得です。しかし、引出しが自由に出来ないので貯蓄専用と考えたいです。

同じ自動積立定期預金ですが、引出しが自由に出来たりできなかったりします。急にお金が必要な場合は解約などの手続きが無い方が便利ですが、浪費家の方には引出が窓口のみといったハードルが少し高い方が貯蓄の近道になるかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.