定期預金の金利の決まり方

定期預金などの預金金利は、基本的には市場金利の動向を見ながら銀行が決定しています。ですので景気が良ければ預金金利は上がり、景気が悪ければ預金金利は下がります。

金融情勢と政策金利から市場金利が決定

金利は、簡単にいうとお金の「使用料」のようなものです。家を借りれば家賃を払うようにお金を借りればお金の「使用料」が必要になります。「預金」や「貯金」は、利用者側から見るとお金を銀行等に預けているわけですが、金融機関側から見ると預金者からお金を借りているのと同じなので、お金を借りた使用料として金利が支払われるのです。

では、定期預金などの預金金利はどのようにして決まるのかというと、基本的には市場金利の動向を見ながら銀行が決定します。景気が良く資金需要が高い時にはできるだけ多くのお金が必要になるので、市場金利は高くなり預金金利も高くなります。逆に景気が悪く資金需要がない時には、市場金利は下がり預金金利も下がります。ただ、ボーナス時期やキャンペーン期間中は預金を多く集めたいので、金利を高めに設定するなど政策的な要素も含まれています。

また、市場金利は金融情勢や政策金利に左右されるため、日本銀行が金融政策として金利を低く設定すると市場金利も低くなります。政策金利というのは、日本銀行が政策目的を達成するために設定される金利です。具体的には「無担保コール翌日物」と呼ばれる金利の誘導目標を言います。

「無担保コール翌日物」の「無担保」とは文字通り「担保なし」という意味で、「コール」はコール市場(銀行間で取引される市場)を指します。「翌日物」は翌日には返済するという意味です。普通預金のようにいつでも解約や引き出しが可能な預金は、この無担保コール翌日物のレートを基準に手数料などのコストを勘案して決定されます。

定期預金は、普通預金とは異なり満期日が「1か月」、「3か月」、「6か月」、「1年」というように一定の期間引き出しができない金融商品です。その代わり、利率(元本に対する利息の割合)は普通預金より高く、預入期間に応じた市場金利(国債等の金利)によって設定されます。基本的に満期までの期間が長いほど金利も高く、受け取り金額も多くなります。具体的な年利(1年預けた場合の金利)は、ネットなどで、ランキング形式で紹介されているので参考にするとよいでしょう。なお、金利は源泉分離課税になっており、国税15%、地方税5%、復興特別所得税0.315%が差し引かれてから支払われます。

ちなみに、ネット銀行と大手都市銀行の年利を比較すると都市銀行の方が低くなります。それは、インターネット専業銀行に比べ、テナント料や人件費などのコストが多く掛かるからです。銀行選びをするポイントは、窓口サービスが必要なのかどうかを考え、必要ならば「店舗型」の銀行を選び、そうでなければ、出金手数料、振込手数料 ATM手数料などが無料あるいは安い「ネット銀行」に口座開設するということです。

また、ネット銀行は窓口がない分、インターネットのみで簡単に銀行口座の開設手続きが済み、円預金だけでなく外貨預金個人向け国債なども店舗と変わらず幅広い商品を取り扱っています。ネット証券会社との連携もなされていることが多く、そちらでも口座を開設すれば、投資信託や株取引もシームレスに行うことができます。金利も重要ですが、利便性も重要な要素なのでこれらの点もみておくとよいでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.