定期預金の残高が分からない

定期預金の残高が分からなくなってしまったら、一般銀行の場合は通帳があれば記帳をすることで定期預金の残高を確認することができます。通帳を銀行窓口に持参すればすぐに記帳してもらえますし、ATMで通帳記帳することもできます。

残高証明書で定期預金の残高を確認する方法

定期預金の残高が分からないというのは、「定期預金の通帳記帳をしていなので残高が分からない」という場合から、「確かあの金融機関に定期預金口座があったはずだけれど通帳も印鑑もどこにあるか分からない」というケースまで様々です。そのような場合にはどのようにすればよいのでしょうか。

都市銀行などの一般銀行の場合、通帳があれば記帳をすることで定期預金の残高を確認することができます。通帳を窓口に持参すればすぐに記帳してもらえますし、もちろんATMで通帳記帳することもできます。

しかし、定期預金通帳の明細は普通口座の明細と違って見方が分かりにくいと言われます。定期預金には種類が多く、固定金利の商品もあれば変動金利の商品もあるからです。また、預入明細ごとに預入期間や受取利息の取扱いが異なっていても、それらがすべて同じ通帳に記載されています。預入をする定期預金の数が多くなると見方が良く分からないと感じる人が多くなるようです。

そのように定期預金が何本もあって合計金額がよく分からなくなってしまった場合には、残高証明書を発行してもらうことも可能です。基本的には金融機関の窓口に届け出印と発行手数料を持参して手続きをしますが、金融機関によっては通帳やキャッシュカード、本人確認書類が必要な場合もあります。

残高証明書は、定期的に発行してもらうことも可能です。証明書の発行サイクルを決めて郵送してもらうように手続きをすれば、定期預金の残高が分からないままになってしまうことも無くなるでしょう。発行手数料は定期的に利用口座からまとめて支払うのが一般的です。

また通帳がどこにあるか忘れた、もしくは失くしてしまったという場合には、通帳の再発行手続きをする必要が出てきます。通帳も印鑑も失くしてしまったという場合は、事前に取引金融機関に問い合わせてから窓口で定期預金口座の有無の確認手続きをとることが必要となります。

一方、ネット銀行やインターネットバンキングなら、残高の照会方法はとてもシンプルです。ネット銀行では通帳発行をしない場合が多いのですが、出金明細照会や預入明細照会をしたい場合にはインターネットで取引明細書をダウンロードすることができます。取引明細書には月末時点の預金残高が記載されていますので、定期預金の残高も確認できます。また書面で残高証明書を発行することもできますが、その際には発行手数料が必要となります。インターネットバンキングの場合は、残高を知りたい定期預金口座をサービス指定口座として登録しておくことで、いつでも定期預金の残高確認が可能となります。

例えばイオン銀行では、取引明細書で定期預金を含む各種預金の残高を確認することができますし、様々なサービスを受けられるイオン銀行ポイントクラブの詳細情報を確認することもでき、家計管理にも役立ちます。ネット銀行の取引明細書は定期預金の通帳と同様、預入日や適用利率、預入期間、満期日などを確認することができます。わざわざ記帳に出かける手間もいらずに簡単にダウンロードができますので、定期的に確認と記録をすることで、マネープランの見直しや運用の手助けとなってくれるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.