定期預金はどこに預ける

定期預金を預けるに際しては、やはり定期預金は普通預金よりも高い金利を期待して預入をする金融商品なので、できるだけ高金利の金融機関を利用したいところです。

金利で有利なネット銀行

元本割れなどのリスクもなく安全性の高い定期預金で資産運用をしようと考えた時、どこの金融機関に預入をすれば良いのかは多くの人が迷うところでしょう。

定期預金をどこで預けるかについては、経営が安定していて信頼できる金融機関が良い、あるいは窓口で実際に資料などを見ながら色々相談できる金融機関が良いなど、意見は様々でしょう。しかし定期預金は普通預金よりも高い金利を期待して預入する金融商品ですから、やはりできるだけ高金利の金融機関を利用したいものです。

金利面で有利な金融機関と言えば、インターネット銀行があげられるでしょう。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といった大手都市銀行と比較して、定期預金の金利が何十倍になることも珍しくはありません。

例えばじぶん銀行は、3ヵ月満期の定期預金に強いことで知られています。様々なキャンペーンの中でも新規口座開設者向けの3ヵ月満期の定期預金のキャンペーン金利は大変高い水準となっており、見逃すことができません。また取引の内容に応じてATM手数料や他行宛振込手数料が無料になるのも嬉しい特典です。そしてじぶん銀行ではPCはもちろん、モバイルでの取引に力を入れていますので、携帯電話やスマートフォンのみで全ての手続きを完結できる手軽さは忙しい人にとって最大の魅力でしょう。

インターネット専業銀行ではありませんが、新生銀行も特徴のある定期預金を提供しており大変人気があります。新規口座開設者に向けたスタートアップ定期預金はかなりの高金利が提供されています。また、高金利が話題の2週間満期預金は、預入金額が50万円からと少し敷居は高くなるのですが、2週間で満期日が来るので、急にお金が必要になった時でも中途解約することなく対応できそうです。このように定期預金であるにも関わらず、普通預金と同じ感覚で預入できる点が非常に評価されています。また、新生銀行は提携ATMでの入出金が全て手数料無料になる銀行としても知られています。

そしてイオン銀行の定期預金はイオン系のスーパーを利用する人なら是非預入を検討してみたいところです。イオン銀行の定期預金はメガバンクの定期預金と比較して何倍かの金利が適用されてはいますが、ネット銀行全体で見れば突出した金利とはなっていません。しかし、イオンが発行しているイオンカードセレクトというクレジットカードを利用することで普通口座の預金の金利が非常に高くなるのが特徴です。また「クレジットカードの利用」や「口座からの引き落とし」「振込」「預金残高」に応じてポイントが貯まりますので、活用の幅がずっと広がります。

定期預金で貯蓄をするには高い金利が適用されることはもちろんですが、こうした利便性にも十分注意を払わなければなりません。その上で更にATM手数料の有無、特別金利キャンペーンを利用できるかどうかなどのサービス面も十分に考慮して情報収集することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.