定期預金の移動(別銀行、別支店、別口座)

定期預金は別の銀行にも移せますし、同一銀行の別支店では問題なく手続きを行えるケースがほとんどです。また定期預金は利用目的が明確なので、同じ支店内で複数の別口座の定期預金を持つことも可能です。

メールオーダーやインターネットの活用

定期預金を別の銀行に移動する方法はいくつかあります。一番簡単なのは、解約した定期預金を同じ銀行の普通預金口座に入金します。そして、そこから別銀行に新しく作成した総合口座の普通預金口座に振込をして、その別銀行で新規の定期預金口座に預入をします。この資金移動の方法だと、ネットバンキングの契約がなされていなければ新旧双方の銀行の窓口で直接手続きする必要がありますので、両方の銀行の店舗に足を運べることが条件となります。

しかし、例えば遠方に引っ越しをするような場合には、どのようにすれば良いでしょうか?もし引っ越し前に手続きをするのなら、引っ越し先で利用する金融機関の口座を予め開設しておきます。新しい銀行に足を運べなくても、今では多くの金融機関でメールオーダーサービスやインターネットでの口座開設が可能となっています。もし時間にゆとりがないのなら、インターネットで申し込みをしましょう。申込書と運転免許証などの本人確認書類の写しを郵送して、後日、郵便局の本人限定受取郵便や簡易書留でキャッシュカードが届けば、新口座を利用することができます。そして今までの銀行の定期預金を解約して今までの銀行の普通預金口座に入金をし、そのお金を新しい銀行の普通預金口座に振込して、そちらの銀行で新たに定期預金を作ります。

もし引っ越しをした後であるならば、以前利用していた銀行の口座を、新しく口座開設をした銀行から解約できる取立依頼の制度を利用することができます。この制度は利用手数料がかかりますが、近くに以前の銀行の支店がない場合には大変便利な制度です。休眠口座を作らないためにも使わなくなってしまった口座はきちんと解約したいです。

また、引っ越しをした先にもこれまで取引していた銀行の別の支店があるという場合はどうでしょうか?現在、多くの金融機関では定期預金を全店舗で取扱うことが可能となっています。大抵はそのまま定期預金を続けていても各種手続きに差支えはないでしょう。しかし金融機関によっては、取引店以外の別支店ではその場ですぐに手続きができないこともあります。そのような場合でも金融機関の窓口に通帳や届印などを預けておけば、取引支店に照会をかけたり取引支店に書類を送ることで、各種手続きに応じてくれるケースは多いものです。念のために、別の支店経由でも定期預金の払戻に支障が無いかを金融機関側に確認してみましょう。

ちなみに定期預金は同じ銀行で複数持つことも可能です。ただし総合口座の定期預金以外の独立した別通帳、別口座の定期預金となります。昨今、個人が同一名義で総合口座を複数持つことができなくなっています。それは振込や振替といった支払いなどの決済サービス機能を持つ普通預金が犯罪目的で利用されてしまうケースが多くなっているからです。決済サービス機能を持たない貯蓄専用の金融商品である定期預金は、利用目的が明確であれば問題なく複数持つことができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.