定期預金の3ヶ月ものと6ヶ月もの

定期預金の3ヶ月ものとは、預け入れの期間が3ヶ月の定期預金です。そして定期預金の6ヶ月ものとは、預け入れの期間が6ヶ月の定期預金です。最近では、この3ヶ月ものや6ヶ月ものなどの短い預け入れ期間が短い定期預金に人気が集まっています。

年利から1年未満の正しい金利を計算する

定期預金の3ヶ月ものとか、定期預金の6ヶ月ものなどという言葉をよく見たり聞いたりします。この「○ヶ月もの」というのは、定期預金の預け入れ期間を指しています。定期預金には1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、5年といった具合に、様々な預け入れ期間の商品があります。短いものでは1週間、長いものでは10年という預け入れ期間の商品を取り扱う金融機関もあります。

定期預金は一旦預け入れをすると、満期日までは基本的に解約することができない金融商品ですので、通常はしばらく使う予定のないお金を預け入れます。一定期間引き出すことができない代わりに普通預金と比較して高金利が適用されており、将来お金が必要になるまでの期間に合わせて、様々な預け入れ期間の商品の中から自分の希望に合うものを選びます。また3ヶ月や6ヶ月といった比較的短い預け入れ期間の定期預金でも、普通預金に比べるとより有利に運用できるのがメリットです。

実際のところ、3ヶ月ものや6ヶ月ものといった1年未満の短い預け入れ期間の定期預金に人気が集まっています。最近ではインターネット銀行などを中心として、3ヶ月ものの定期預金がキャンペーン商品として数多く提供されています。例えばじぶん銀行住信SBIネット銀行新生銀行などでは、新規口座開設者を対象にして、口座開設月から一定の期間限定で3ヶ月ものの定期預金の特別金利キャンペーンを実施しています。これはみずほ銀行三菱東京UFJ銀行などのメガバンクの適用金利と比べると何十倍もの優遇金利となっています。ただし、そうした優遇金利の適用はキャンペーン期間中のみであったりしますし、表記されている金利は税引前の金利であったりします。優遇金利の適用期間や、所得税や復興特別所得税や地方税などを差し引いた税引後の金利を確認することも必要です。

また1年未満の預け入れ期間の定期預金では、金利の計算方法にも注意しなければなりません。その理由は、たとえ3ヶ月や6ヶ月といった預入期間の定期預金でも、適用金利の表示は年利となっているからです。例えば金利が年0.5%で3ヶ月ものの定期預金に預け入れた場合の利息を考えてみます。仮にもしこれが1年ものの定期預金なら0.5%の金利になりますが、3ヶ月ものですので、12ヶ月÷3ヶ月=4で、金利を4で割って4分の1に換算しなければなりません。具体的には、0.5%÷4=0.125%となりますので、金利が年0.5%の3ヶ月ものの定期預金ですと、実際に満期時につく利息は預け入れ金額の0.125%の金利の分だけになります。

次に、金利が年0.5%で6ヶ月ものの定期預金に預け入れた場合の利息はどうなるでしょうか。1年ものなら金利が0.5%ですから、6ヶ月ものなら12ヶ月÷6ヶ月=2で、金利を2で割って2分の1に換算することになります。具体的には、0.5%÷2=0.25%となりますので、年0.5%の金利で6ヶ月ものの定期預金に預け入れた場合の利息は、預け入れ金額の0.25%の金利の分だけということになります。

現在は定期預金の金利水準が随分低くなっていますので、広告やホームページで上乗せ金利などの情報を見ると嬉しくなります。しかし高金利が適用されている1年未満の定期預金では、そのままの金利ではなくて、預け入れ期間に適用される正しい金利に換算して考えることが必要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.