定期預金の据置期間

据置期間がある定期預金は、預け入れをした後に一定の期間が設けられて、その一定の期間内は払戻しができません。つまり一般的な定期預金が預け入れ期間を通じて払戻しができないのに対して、据置期間がある定期預金は据置期間の間だけが払戻しができない仕組みになっています。そしてその期間を経過すれば、基本的にはいつでも払戻しが可能です。

期日指定定期預金、積立定期預金、据置型定期預金などが該当する

定期預金には据置期間が設定されている商品があります。普通、一般的な定期預金では預け入れをする時に満期を決め、満期日が来るまでは原則払戻しができなくなっています。その代わりに普通預金よりも高い金利が適用されています。それに対して据置期間がある定期預金では、定期預金に預け入れをした後に一定の期間が設けられ、原則としてその一定の期間内は定期預金の払戻しができなくなっています。つまり一般的な定期預金が預け入れ期間を通じて払戻しができない様になっているのに対して、据置期間がある定期預金は据置期間の間だけが解約や払戻しができないようになっており、その期間を経過すれば基本的にはいつでも解約ができるという特別な形式を採用しています。据置期間がある定期預金も一般的な定期預金も金利はほぼ同じですので、預け入れ期間が同じ場合なら据置期間のある定期預金の方が解約の自由度は高く、メリットの一つであると考えられます。では、そうした据置期間がある定期預金にはどのようなものがあるのでしょうか。据置期間が設定されている定期預金の代表的な商品としては、期日指定定期預金、積立定期預金、据置型定期預金などが挙げられます。各々のどのような商品なのかその特徴を見てみましょう。

まず期日指定定期預金についてですが、期日指定定期預金の仕組みは一般的なスーパー定期預金とは大きく異なります。通常の定期預金では預け入れ時に満期日を決めますが、期日指定定期預金では預け入れ時には特に満期日を決めることはありません。定められた据置期間が経過した後に満期日を指定すれば、元金の一部や全部をいつでも払戻しすることができます。据置期間は1年間、最長預け入れ期間は3年間とされていることが多く、利息は預け入れ期間に応じて半年複利で計算されて満期日に一括して支払われます。期日指定定期預金は据置期間が経過すればいつでも解約はできますが、特に解約日を指定しない場合には最長預け入れ期間が満期日となります。また、満期時の取り扱いを満期自動継続か満期自動解約かを決めることもできます。満期自動継続の取扱いにする場合は元利金自動継続、元金自動継続のいずれかを選択することができます。基本的には最長預け入れ期間である3年満期の期日指定定期預金を自動継続しますが、金融機関によっては同じ預け入れ期間の複利型のスーパー定期預金での継続を選択できる場合もあります。また満期自動解約を選択した場合には、満期日に元金と利息を合計した金額が指定口座に入金されます。

そして次に積立定期預金です。一般的な定期預金では預け入れ時に元金を一括して払い込みますが、積立定期預金は自動振替で毎月一定の金額を積み立てていくことで、まとまった金額を貯金することができます。毎月預け入れる一定の金額は積み立ての都度、個別の定期預金として預け入れられます。積立定期預金は金融機関によってかなり商品内容が異なりますが、大きく満期日指定型とエンドレス型に分けることができます。満期日指定型の積立定期預金では契約期間は積立期間と据置期間を合わせた期間で、6ヶ月以上5年以内を設定している金融機関が多くなっています。毎月預け入れる個別の定期預金の種類は、金融機関によって異なります。そして積み立て終了後には一定の据置期間があることが主なポイントになります。また、エンドレス型の積立定期預金の場合には積立期間を定めることはありません。やはり毎月預け入れる個別の定期預金の種類は金融機関によって異なりますが、期日指定定期預金を積み立てることができる商品で期日指定定期預金を積立した場合には、期日指定定期預金の据置期間が発生します。満期日指定型もエンドレス型も、毎月の預け入れは基本的には普通預金口座からの口座振替で、振替口座の残高が振替金額よりも少ない場合にはその月の振替は行われません。逆に通常よりも多く積み立てをしたいという時には、金融機関の窓口やATMなどからの随時入金も可能です。その他、毎月の積立金額や預け入れ日の変更や、通常より多い金額を積み立てる積増月の設定なども可能で、利用者の都合に合わせてお金を貯められる仕組みになっています。

最後は据置型定期預金です。取扱金融機関は余り多くはありませんが、据置型定期預金も同じように据置期間が設定されています。据置型定期預金はゆうちょ銀行の定額貯金によく似ており、民間金融機関版の定額貯金とも言われます。一定の据置期間が経過した後は最長預け入れ期間の間なら、いつでも何度でも預け入れ金額の一部や全部の払戻しができる商品です。据置期間後は半年複利で運用されますが、預け入れ期間別に段階的に金利が設定されており、預け入れ期間の設定を長くするほど適用金利が高くなっていきます。また預け入れをした時の金利は満期まで適用される固定金利となっており、満期時に一括してして支払われます。預け入れ時に満期時の取り扱いを自動継続にすることもできます。

据置期間のある定期預金を3つ見てきましたが、もし据置期間中に定期預金を解約した場合にはどうなるのでしょうか。一般的な定期預金では満期が来る前に中途解約をしてしまうと、預け入れをしていた期間に応じた中途解約利率が適用されます。期日指定定期預金の据置期間は預け入れ後1年間の設定になっていることが多く、そして据置型定期預金の据置期間は預け入れ後6ヶ月間の設定になっていることが多いのですが、据置期間中に中途解約をすると普通預金と同じ利率が適用されるケースが多くなっています。また、積立定期預金の据置期間中の中途解約の場合は、積み立てている個々の定期預金の種類に応じた中途解約利率が適用されるケースが多くなっています。

据置期間のある定期預金は同じ種類の商品であってもその内容は金融機関によって実に様々です。満期日や継続日の取扱いもそうですが、その他にも、最低預け入れ金額や預け入れ金額の単位も商品によって異なりますし、一部払い戻しする場合に口座に残しておかなければならない最低残高が決められている場合もあります。金融機関や商品によってサービス内容が随分異なりますので、預け入れをする時には詳細の確認が必要です。据置期間を経過すればお金を引き出せるという商品性は一般的な定期預金よりも使い勝手が良く、貯蓄計画に柔軟に対応できるとも言えます。商品についてよく分からないことがあれば、取引金融機関に問い合わせをしましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.