定期預金の総合口座

総合口座とは普通預金口座と定期預金口座が1つにまとめられた口座で、普通預金と定期預金を一冊の通帳で管理できます。普通預金と定期預金が紐付けされているので、両者の間の資金移動が大変にスムーズになります。また当座貸越が利用できるようにもなります。これは決済期日に普通預金口座が残高不足になっている場合に、定期預金を担保として自動的に不足分のお金が借りられる便利な機能です。

定期預金が総合口座から受けるメリット

定期預金と総合口座にはどのような関係があるのでしょうか。初めて取引する金融機関で口座開設をするには、まず普通預金口座を作成することになります。そして普通預金口座を作成する場合には、特別な事情がなければ総合口座に普通預金口座を開設するのが一般的です。総合口座とは普通預金口座と定期預金口座が1つにまとめられた口座で、普通預金と定期預金を一冊の通帳で管理することができます。初めからお互いの口座の関連情報が紐付けされているので、普通預金口座や定期預金口座を便利に利用することができるようになっています。その詳しい仕組みについて説明をしていきたいと思います。

現在は総合口座で普通預金口座を開設するのが一般的ですが、利用者が申し出れば普通預金口座の通帳、定期預金口座の通帳という具合に別々に独立した通帳を発行することも可能です。昔は総合口座というものは存在せず、各々の預金口座ごとに独立した通帳を発行していました。毎月の給料などは会社から現金で支給され、公共料金の支払いなども集金人が各家庭を回って集金するという時代には、そもそもお金を口座に頻繁に入出金する習慣はありませんでした。その後、コンピューターを利用したオンラインシステムが誕生し、現金自動預払機、つまりATMによるオンラインキャッシュサービスが開始されます。すると毎月の給料は口座に振込みされるようになり、公共料金も口座引き落としされるようになっていきます。キャッシュカードを利用して手軽に現金の出し入れができるようになると、それまで金融機関の職員が対応していた窓口での事務処理は、徐々にATMが替わって処理をするようになりました。そしてそれにつれてオンラインを利用した様々な金融サービスが提供されるようになっていきました。今では当たり前になっているATMでの通帳記帳や振込みなどはオンラインサービスの代表例であり、総合口座もそうしたサービスのうちの1つだと言えます。

毎月の給料や年金が現金での支払いだった頃は、現金は一旦各家庭に持ち込まれて家庭内で家計管理され、生活して余ったお金があれば不定期に金融機関に預けに行くという方法が採られていました。しかし給料が口座振込になると、お金は一旦普通預金口座に入金されます。私達はそこから必要な金額だけを下ろして使うようになり、給料が現金支払いだった頃と比べて普通預金口座には多くのお金が残るようになりました。利用者が金融機関の店舗の窓口で入金をしていた頃は、金融機関の職員が利用者に対して定期預金などへの預け入れを促して、普通預金口座から定期預金口座へ資金を移動することができました。ところがキャッシュカードでの入出金が手軽にATMなどでできるようになると、利用者は入出金のために窓口へ足を運ぶことが少なくなります。そうなると普通預金口座から定期預金口座への資金の移動は停滞しがちになります。そこで金融機関では普通預金口座と定期預金口座をひとまとめにし、お互いの口座を連動させて総合口座として管理するようになりました。総合口座では普通預金口座をメインの口座とし、そこに定期預金口座をセットできるようにしています。そうすることで、普通預金口座にある余剰金を定期預金口座に移動させる効果を狙ったのです。簡易な手続きによってより金利の高い定期預金に預け入れができるのですから、定期預金への資金移動は順調に進んでいきました。金融機関によっては定期預金だけではなく、積立預金口座や貯蓄預金口座などをセットすることができるようになっている場合もあります。セットされる口座はいずれも普通預金口座と紐付けされ、資金をスムーズに移動できるようになっています。

仮にあなたが普通預金口座に貯まったお金を定期預金に預け入れようと考えた時、普通預金口座と定期預金口座の通帳が別々だと一旦普通預金口座からお金を下ろし、その後改めて定期預金口座にお金を預け入れる必要があります。その手続きを窓口で行うとすれば何枚もの書類に記入をし、押印をしなければなりません。またATMで定期預金に預け入れをする場合でも、何度も通帳を出し入れして手続きをする必要が出てきます。しかし、定期預金口座が総合口座にセットされていれば、普通預金口座から定期預金口座へと簡単にお金を預け入れることができます。例えば普通預金口座と定期預金口座は連動しているので、窓口で定期預金を作成する場合ならば記入書類は少なく済みますし、金融機関によっては書類に届印の押印が不要な場合もあります。またATMで定期預金を作る場合なら、総合口座通帳とキャッシュカードさえ持参して行けば一度の操作で手続きを済ますことができます。現金を下ろさずにこうした手続きができるということは、犯罪を防ぐという観点からも大きなメリットがあると言えるでしょう。そして定期預金口座に預け入れする時だけではなく、定期預金が満期を迎えたり利息が発生した場合にも定期預金口座が総合口座にセットされていれば 満期になった定期預金や利息を総合口座の普通預金口座で自動受取できます。このように総合口座を介して定期預金口座と普通預金口座との間の資金のやり取りが簡易化されれば、資産運用や資産管理は大変楽になります。

そして総合口座のもう一つの大きな特徴として、当座貸越を挙げることができます。当座貸越とは決済期日に普通預金口座が残高不足になっている場合に、定期預金を担保として自動的に不足分のお金が借りられ、引き落としができるようになる便利な機能です。例えばクレジットカードの代金や公共料金、保険料などの引き落とし日に普通預金口座の残高が足りなかった場合、通常なら代金は引き落としできません。しかし総合口座に定期預金を組み込んでいれば、定期預金を担保として定期預金の残高の80%から90%の金額を限度に自動融資サービスを受けることができ、引き落としに足りない分の金額をカバーしてくれます。クレジットカードなどの利用代金の決済ができないと信用問題に関わりますので、この当座貸越機能は大変に便利です。また当座貸越の貸越利率は、定期預金の約定利率に0.5%が上乗せされて設定されている場合が多いので、非常に低い利率で融資を受けられるという点も大変に魅力的です。当座貸越の自動融資機能を利用すると、引き落としに足りなかった金額分はマイナス残高として普通預金通帳に記帳されます。借り入れ金額の返済に特別な手続きは不要で、普通預金口座のマイナス表記がゼロ円以上になるように普通預金口座に入金をすれば返済は完了します。これも、総合口座内で普通預金口座と定期預金口座が紐付けされているからこそできるサービスでしょう。

普通預金口座と定期預金口座を別々に管理するよりも、こうして定期預金口座を総合口座にまとめて管理することで受けられるメリットは数多くあります。総合口座を利用して受けられるサービスは金融機関によって少しずつ異なりますが、定期預金に預け入れをしている人にとっては大変便利なシステムになっています。ぜひ総合口座の仕組みをよく理解して便利に活用してください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.