定期預金の手続きに必要な持ち物

銀行では本人が手続きするのが原則です。本人以外の人が手続きをする際には、顧客保護の観点からより多くの確認書類が必要となります。

ATMやネット銀行なら定期預金の手続きが便利

定期預金の口座の開設や定期預金の解約の手続きを銀行の窓口でする際には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?

まず、今までの取引銀行以外で定期預金口座を開設するには、先に普通預金の口座開設をしなければなりません。そのためには新規で総合口座を作ることになります。窓口で総合口座を作るには、印鑑と運転免許証などの本人確認書類が必要です。

また未成年の子供名義の定期預金口座を新規で作るには、やはり先に総合口座の開設をしますが、この場合には印鑑、子供の本人確認書類、それに加えて手続きをする人が子供の親権者であるということを証明できる書類、例えば住民票や保険証などが必要になります。既に定期預金口座を持っているのであれば、定期預金に預入をする際には通帳と銀行の届け印を持って窓口に行きます。

定期預金を解約する場合はどうでしょう。通帳と届け印、本人確認書類が必要となります。そして、家族名義の定期預金を解約するには家族の届け印、通帳、家族の本人確認書類に加え、手続きに行く人の本人確認書類、それに委任状が必要となります。銀行では未成年者を除いて本人が手続きするのが原則なので、それ以外の人が手続きをする際には、顧客保護の観点からもより多くの確認書類が必要となってきます。

また定期預金についての各種変更手続きの場合にも通帳と届け印は必要です。住所変更では通帳と届け印、届け印の変更手続きでは通帳と届け印、そして新しい届け印と本人確認書類が必要です。また結婚による改姓の場合には、全ての通帳と全ての届け印、全てのキャッシュカード、届け印に変更がある場合は新旧両方の届け印、そして新氏名が記載された本人確認書類が必要となります。

定期預金の預入や解約など各種の変更手続きは取引店に来店しなくても他の最寄りの支店でも受け付けてくれます。ただ、定期預金以外に住宅ローンなど他の取引がある場合、取引内容によっては印鑑証明書など別の確認書類が必要となったり、取引店窓口のみでの手続きとなったりしますので、事前に取引店やお客様センターなどに電話で確認してみると良いでしょう。

定期預金と聞くと窓口での手続きが必要だというイメージをお持ちではないでしょうか。定期預金は窓口だけでなくATMからでも現金と通帳で預入ができます。現金ではなく普通口座から振替えるのであれば、キャッシュカードも必要となります。また、定期預金の解約予約もATMで行うことができます。ATMサービスを利用して手続きをすれば、持ち物は通帳とキャッシュカードのみで済みます。

そして、ネット銀行を利用すれば更に手軽に定期預金の手続きを済ませることができます。わざわざ窓口やATMに足を運ぶこともありませんし、銀行休業日や営業時間など銀行側の事情も考慮する必要がありません。ネット銀行での取引が初めての方は最初に口座を開設する必要がありますが、ネット申込を利用したり、申込書や本人確認書類を郵送すれば後日キャッシュカードが発行されます。キャッシュカードで普通預金にお金を入れておけば、家にいながらパソコンで簡単に定期預金の預け入れなどができます。

ネット銀行の口座開設では本人確認書類こそ必要となりますが、多くの場合、銀行印は不要となっており通帳も発行されません。但し、代わりにウェブ上でログインするための暗証番号やパスワードが必要になりますので、忘れないように厳重に管理しましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.