定期預金の満期

定期預金を預入するときには、満期が来たら自動解約にするか、自動継続にするかを選びます。そしてまた自動解約を選んだ場合には、利息の取り扱いを元金自動継続にするか、元利自動継続にするかも選びます。

定期預金の自動解約と自動継続

預けていた定期預金の満期が近づいてくるのは嬉しいものですが、満期後の取り扱いはどうしたらよいかと迷ってしまった経験はありませんか。

定期預金の預入をする際には、満期が到来した時に自動解約にするか、それとも自動継続にするかを決めることになっています。ただし、総合口座を利用して定期預金の預入をする場合は定期預金を担保とした自動貸越機能が設定されますので、原則的には自動継続の取扱となります。

自動解約を選択できる場合、満期日を迎えるとその定期預金は自動的に解約され、元金と利息がまとめて普通預金口座に入金されます。この場合の利子は税引後の金額となっています。一方自動継続の場合、満期を迎えた定期預金は再度同じ預入期間の定期預金に預入されることになります。一つ注意したいのは新たに預け入れられた定期預金の適用金利は預入日の店頭表示金利になるという点です。また自動継続の場合には、利息部分の取扱いを選択できる場合があります。

選択肢としては元金自動継続と元利自動継続の2つがあります。元金自動継続を選択すると継続日に元金だけを自動継続で預入れし、受取利息は普通預金口座に入金されます。そして元利自動継続を選択すれば、元金と利息を合わせた金額が新たな定期預金として預入されます。より効率的にお金を運用したいのであれば、元利自動継続を選ぶのがおすすめです。

インターネットバンキングネット銀行などの普及によって、自宅にいながら各種の手続きを済ますことができ、便利なサービスやお得な商品を利用できる様になりました。従来は、定期預金を満期で解約するためには窓口での手続きが必要でしたが、現在多くの金融機関ではインターネットやATMで定期預金の解約予約をすることが可能になっています。

たとえば、新生銀行では2週間満期預金を取扱っています。満期はたった2週間ですが元利自動継続扱いのため、2週間ごとに元本と利息が新たな定期預金として再預金されるので複利効果が期待できます。しかも新生銀行の他の定期預金と比較して利率は数倍となっており、大変お得です。満期がとても短いので、いつ資金が必要になるか分からず長期間の預入にはためらいがある、という方にも適した運用方法だと言えるでしょう。また、金利が変動した場合でも2週間ごとに預け替えの検討ができるのも魅力です。

また、セブン銀行では定期預金の満期日が近づくと満期日やその後の取扱予定を通知メールでお知らせしてくれます。期間指定型の定期預金なら、満期後の取扱の変更が満期日の前日までネットやセブン銀行ATMから指定できるので、自分の予定に合わせてお金を管理することができます。

定期預金の満期が近づいてきたら、満期後の扱いを見直すことが大切です。資金が必要な場合には事前に解約予約をし、当分使う予定がないのであれば引き続き自動継続で預入をするのか、別の方法で資産運用するのかをしっかり検討しましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.