まずは家計簿(貯金術)

家計簿を付けて、しっかり管理することです。

来月の目標と収支計画も

まず一番肝心なのは、家庭の収支を見直すために、きちんと家計簿を付け、しっかり家計を管理することです。収入からそれぞれの支出まで、お金の流れをきちんと把握し、毎月のお金の使い方をチェックしていきましょう。

そしてお金の流れだけでなく、月の終わりにはお金の使い方を振り返って反省し、次の月にそれを活かすことが重要です。ただ記入することが目的になっているだけでは、家計簿をつけているという事だけに安心してしまい、無駄な出費をなくすことができません。何に使い、それは本当に必要だったか反省し、来月の目標と収支計画をしっかりと建てています。

家計簿は「現金で購入したもの」だけでなく、「カード払いのもの」をしっかり認識できるのもメリットのひとつです。昨今はインターネットでの購入などカードで支払うことが増え、気がつくと出費している、ということが少なくありません。こうしたものをしっかりと数字で受け止めることで、気ままに服や本を注文してしまうことを控えることができます。

また予算を立てて、それに合わせて行動しようという気持ちになれるのも、家計簿の良い点です。月の初めに食費、通信費、光熱費、レジャー費、医療費、その他など細かく設定し、それを越えないようにするだけでも、無意識な出費を防ぐことができるのです。ただし無理な予算は禁物で、毎月赤字になっては意味がありませんし、モチベーションも下がってしまいますので、結果的に貯金が続かなくなってしまいます。

家計簿の種類は定番のノート型や家計簿ソフト、レシートを貼るだけのものや袋に分けるタイプなど色々あります。やはり複雑で細かい記入が必要なものより、分かり易くシンプルなものがお勧めです。実際に使ってみて、自分にあったものを選びましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.