地方銀行の特徴

地方銀行は地域の情報に詳しく、地域の人々との信頼関係も厚いです。

地元密着型の様々なサービス

地方銀行は、その地域の主要企業の融資を担っていたり、不動産ディベロッパーと提携していたりと、地域経済に大きな影響力を持っています。長年、特定の地域社会に根付いて営業をしているため、地域の情報についても詳しく、地域の人々との信頼関係も厚いものとなっているようです。「地域とともに発展する銀行」として「利便性向上と活力ある地域社会の実現」を目指す、という基本理念に基づいているため、地域の中小企業に積極的に融資することが多く、貸し渋りや貸し剥がしも少ないようです。

また個人に向けても、地元密着型の様々なサービスを提供しています。充実したローン商品や子育て中の家族に配慮した商品、利子を地域の自然に還元できる定期預金など、その地域ごとに特徴のある金融商品が用意されています。また、地方銀行が公立小中学校の授業の引き落とし口座に指定されていることも多いようです。

その地域内であれば、支店やATMの設置台数も多く、利便性も高いです。特に地方都市においては、いわゆるメガバンクよりも地方銀行の方が支店もATMも数が多く、身近な存在となっています。私も都内から郊外に越した際、それまで利用していたメガバンクの支店が市内に存在せず、あまりの不便さに二行ほど解約し、地方銀行に口座を開いた経験があります。

また地方銀行は、金融活動以外にも「地域密着型金融への取り組み」として文化セミナーやコンサートを開催したり、スポーツ大会に協賛したり、エコ活動を推進したりと、地域イベントや催しものに関して積極的に出資し参加することにより、単なる金融機関ではなく、地域経済の担い手としての大きな役割を果たしています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.