地方銀行の利用法

地方銀行は、支店数もATMの数も、その地域においてはダントツです。

支店数もATMの数もダントツ

地域密着型という特徴をもつ地方銀行は、その営業基盤となる地域における利便性がとても高いものになっています。都内にいる場合は感じにくいかと思いますが、神奈川県なら横浜銀行、静岡県なら静岡銀行が強く、支店数もATMの数も、その地域においてはダントツで、メガバンクのそれを圧倒しています。そのため、都内よりも地方にいることが多い方や、地元企業に勤めている方などは、地方銀行を利用するのが便利だと思います。

また地方銀行は、近年こぞってインターネット支店を設立し、地域外の顧客の獲得を推し進めています。インターネット専業銀行と比べると、サービス内容や取り扱っている金融商品の種類では劣っている場合が多いですが、金利は負けておらず、時折行われる期間限定のキャンペーンでは、インターネット専業銀行をしのぐほどの高い金利がついている場合もあります。他にもジャンボ宝くじや地方の特産品が当たったり、利子分が地域の自然環境に還元されたりする多様でユニークな定期預金を販売しています。

さらに、インターネット専業銀行と異なり、地方銀行には店舗窓口が存在します。インターネットバンキングの利便性を享受しつつ、必要な時にはリアル店頭での対面サービスも期待できるのです。ネットバンクを始めてみたいという初心者の方や、いざという時には窓口で相談したいという方は、ぜひ地方銀行のインターネット支店から始めてみてはいかがでしょうか。

いいことづくめに見える地方銀行ですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは、営業基盤となる地域外でのネットワークの脆弱さです。例えば神奈川県で沖縄銀行を利用しようと思っても、支店はありません。また、静岡県と神奈川県という比較的近い距離であっても、静岡県で横浜銀行の支店を探したり、神奈川県で静岡銀行の支店を探したりするのは至難の技です。

このように、地方銀行は同じ地域で生活し続ける人には大変便利な強い味方ですが、地域間を移動することが多い場合は、メガバンクやゆうちょ銀行との併用がおすすめです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.