全国展開を始めた地方銀行

多くの地方銀行がインターネット支店を持ち、全国展開を始めています。

高金利でユニークな金融商品

1990年代のバブル経済の波に乗り、多くの地方銀行が大都市や海外に進出し、その営業範囲を拡大していきました。ところがバブルの崩壊とその後の不景気により経営が悪化、地方銀行は都市銀行を避け、各行の本店が置かれている地元地域へと基盤を戻していきます。それぞれの地域に経営資源を集中させることにより、生き残りの活路を見出そうとしたのです。以来、地方銀行はその多くが本店を置く、それぞれの地域を拠点に営業を行ってきました。

ところが近年のインターネットバンキングの発展により、新しい動向が見られるようになりました。多くの地方銀行がインターネット支店を持つようになり、再び地方銀行が競って全国展開を始めるようになったのです。インターネット支店であれば、実店舗をたてたり、行員を雇ったりする費用やリスクを負うことなく、全国から新しい顧客を獲得することができるためです。

地方銀行は、インターネット専業銀行に対抗するために、高金利でユニークな様々な金融商品を提供しています。例えばスルガ銀行のANA支店は、文字通りANAとのコラボによるネット支店で、金利に加え、マイレージの獲得が出来るという特徴をもつインターネット支店です。また香川銀行「セルフうどん支店」の定期預金「トッピング定期預金」では、定期預金の申し込みの際に宝くじをもらうか金利を上乗せするかを自分で選ぶことができます。宝くじや金利を預金に「トッピングする」という訳です。

地方銀行のインターネット支店は、日本全国どこに住んでいる人でもインターネット手続きで口座開設することができます。現金の出入金についても、近所に地方銀行の ATMがなくても、ゆうちょ銀行やコンビニATM、セブン銀行などの提携ATMを利用することができるので不便はありません。ユニークでお得な地方銀行の定期預金、この機会にお気に入りを見つけてはいかがでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.