財形貯蓄のメリット

財形貯蓄を利用すると、確実に貯蓄ができるようになります。

税金面の優遇制度もあり

財形貯蓄は、簡単に言うと、企業が従業員の貯金に協力するために設けられた制度です。この制度を利用するかどうかは自由ですが、例えば、新社会人として就職したばかりの人は、将来のためにどれだけのお金が必要なのか等、人生のためのお金の計画を本格的にしている人は少ないと思います。そこで、財形貯蓄のメリットを考えてみましょう。

まず、この制度を利用すると、何はともあれ確実に貯蓄ができるようになるということです。なぜかというと、会社勤めの人は、毎月一定のお給料をもらって、そのお給料の額の中で、貯蓄と消費のバランスを工夫しながら生活しているわけです。会社が提供する財形貯蓄の制度を利用すると、この給料が支給される時点で貯蓄分が天引きされるので、受け取る側としては、貯蓄分が差し引かれた後の額で一か月生活する工夫をするしかありません。

自分の管理の中で貯蓄をしようとすると、実行できない。また、口座に貯金分としてお金を預け入れても、簡単に貯金を引き出すことができる状況だと続かないという人におすすめの貯金方法です。

また、財形貯蓄の中の財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄については、税金面の優遇制度があったり、これらの貯蓄を行っていると、住宅購入や、建築、リフォーム等や、教育等にお金が必要な時にも融資を受けたりできます。ですから、これから貯金を始めようという人は、是非、自分が勤めている会社にこういった財形貯蓄制度があるかどうかを確かめてみましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.