財形貯蓄の始め方

財形貯蓄について、勤め先の担当者に詳しい説明を聞くことから始まります。

貯蓄の目的にあった財形貯蓄を選ぶ

財形貯蓄は企業が従業員に対して提供している貯金に関する制度です。ですので、これを始めようと思い立って、個人的に銀行に行っても、口座を開設することはできません。まずは、勤め先の担当者に詳しいことを聞いてみましょう。

その前に、どんな方法で貯金を行う際にも言えることですが、その貯金の目的を明確にしておくのは、とても大切です。目的とはつまり、「何に使うか」ということです。「万が一の時の備え」や「余裕資金」といったものも、立派な貯金の目的ではありますが、これらは貯金を頑張る動機付けに乏しく、継続できなくなってしまう可能性があります。こういう貯金も大切ですが、もし「家を買うための貯金」や「車のローンを2年早く返済するための貯金」等、より具体的な目的があるのであれば、それらを優先的に始めるようにしましょう。

さて、財形貯蓄には3つの種類があります。「一般財形貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」です。「一般財形貯蓄」は、その目的の幅も自由で、「財形年金貯蓄」は老後資金作りのためのものであり、「財形住宅貯蓄」はマイホーム購入資金を作るためのものです。

3つの財形貯蓄が持つ目的は、人生にとって大切なので、3つとも行ってもいいのですが、貯金は明確な目的があった方が、継続しやすいということを覚えておき、前述の財形貯蓄を始める前に自分の貯金の目的を明確にしましょう。目的によって、前述の3つの財形貯蓄から最適なものを選び、勤め先の担当者に話を聞きにいきましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.