貯蓄できる保険のメリット

貯蓄できる保険のメリットとは、保険料を支払うことで貯蓄ができることです。

返戻金や配当金の積立ができる貯蓄型

皆が1つは加入しているであろう「生命保険」。生命保険と言っても保険料を支払っても返戻金がかえってこない「掛け捨て型」と、返戻金や配当金などの積立ができる「貯蓄型」の、大きく2種類のタイプが販売されています。

特に後者の保険については、事故やけがなどの保障をしてくれる生命保険と、自分の資産を増やすという貯蓄の2つの効果があるので、顧客からすれば非常にありがたい金融商品ですが、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットをあげれば、何と言っても保険料を支払うことで貯蓄ができること、これが何よりです。生命保険が持つ保障としての機能はもちろんのこと、そこで一緒にお金が貯まるのは若い世代にとっては非常に収入を効率よく使えるというメリットがあります。別途貯金をしようとしても、なかなか収入が増えない不景気な現状では、生命保険の持つ貯蓄機能はありがたいメリットです。

また、最近登場した「低解約払戻金型終身保険」を活用すれば、保険料の払い込みが終わってからの返戻金が多くなっている仕組みを活かして、保険満期後に一定の収入を確保でき、老後の備えを行うこともできます。貯蓄できる保険は将来的なライフプランの設計のためにも十分活用することが可能なのです。

もちろん生命保険ですから、定められている定款などの条件は加入前にしっかり確認をしておきましょう。貯蓄を目標としているのであれば、その点を生命保険の販売員に相談してもいいと思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.