貯蓄できる保険の加入方法

貯蓄できる保険の加入方法としては、当然、保険としての加入手続きを踏みます。

保険比較店舗や外交員に相談

最近、新しい貯蓄の方法として話題となっている「貯蓄できる保険」。大手の保険会社では「個人年金保険」や「養老保険」、それに「積立保険」などの名称で販売している保険なのですが、保険と言えども貯金ができるというこの商品、どのように加入すればいいのでしょうか。

基本的にこれらの商品はあくまで「保険」です。保険金を払い終えて満期になってから支払い続けていた保険料を原資として顧客に利息が付いて返戻金として支払われるというのが仕組みなので、貯金をしているというよりは、納入していた保険料に利子をつけて払い戻してもらうと考えた方がいいでしょう。ですから加入手続きも当然ですが「保険」の加入手続きを踏むことになります。

基本は生命保険がベースとなっている商品なので、もちろん病気や既往歴の確認はされます。病気になっている状態だと保険には加入できませんし、場合によっては医師の診断書が必要となる場合だって出てきます。虚偽の申告をして加入すればあとで法的なペナルティを課せられる場合だってあります。ただし、この審査基準は各保険会社で独自のルールを持って運用しているので、保険会社が違えば保険契約ができたというケースもありえます。

慣れないうちは最近店舗数が増えている「保険見直し本舗」など、一度に多くの保険を取り扱っている代理店を訪れて相談してみるのもいいでしょう。ショッピングモールなどに保険比較店舗が多くできるようになっていますので、買い物がてら相談をしてみるのもいいでしょう。また現在加入している生命保険会社の外交員に相談してみるのもよいと思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.