貯蓄できる保険の活用法

貯蓄できる保険の活用法とは、ライフプランにおける万が一の保障と老後の保障を一度に設計することです。

収入保障や医療費の補てんや老後の備え

貯蓄できる保険を活用するとなれば、何といっても「人生設計」においてです。貯蓄できる保険と言えどもあくまで「保険」がメインですから、本当にしっかり資産を運用しようと思えば「餅は餅屋」ではありませんが、銀行や証券会社の方が手馴れていて確実ではあります。実際に金利などを比較してみると明らかに金融機関の方が金利が高い金融商品だって実際に存在します。

しかし生命保険を活用して貯蓄をするということは、ある意味ライフプランを立てるときに必要な「万が一の保障」と「老後の保障」を一度に設計できるというメリットがあるのです。例えば生命保険の主な目的は、死亡時に残された家族が暮らしていくために必要なお金を残すことですが、同時にけがをして働けなくなった時の収入保障、医療費の補てんなど様々な目的があるのです。もちろん年齢や家族構成によって必要な保険金額は変わってきます。

そして老後の保障も考えておくべきだと思います。年金制度が危うい中、自分で民間の年金、あるいは年金に準じた収入を確保しておくことは重要な時代になってきました。その点でいえば貯蓄できる保険は大きな収入源になり得ます。

保険が満期を迎えると、保険料相当分に加えて予定利率を加えられた返戻金が定期的に得られます。つまり年金を若い時から別に預け入れていると考えてもいいのです。若い時だからこそ、貯蓄できる保険の仕組みを活用して、老後の備えをしておくことは非常に有益だと思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.