貯蓄できる保険と人生設計

貯蓄できる保険で人生設計を考えるのは、ライフスタイルに変化があった時です。万が一、自分が亡くなった時、必要なお金が残せているでしょうか。

今の生命保険で保障は充分か

そもそも保険に加入するということは、自分の人生を設計する時ではないでしょうか。結婚したときや子どもが生まれたときなど、ライフスタイルの変化をきっかけにして、今の自分が亡くなったときに残された家族のために必要なお金が残せているのだろうかと考えますよね。その時に当然「今の生命保険で保障が充分なのか」と考える場合もあると思います。

貯蓄できる保険が最近流行となっています。「養老保険」「個人年金保険」など、どちらかと言えば退職後や老後の年金に加えて必要な生活資金を確保するためにこれらの保険商品を活用している人が多いのですが、みんなが入っているからとやみくもに加入するようなものでもありません。生命保険に加入する目的ははっきりさせてほしいと思います。

あなたが亡くなったとき、残された家族に財産を残したいなら、死亡保障をしっかり確保する必要がありますから、養老保険などの死亡保障では明らかに金額が足りません。それに怪我や病気をしたとき、入院や通院の際の収入確保や医療費の保障を考えるならば、医療保障が充実した生命保険を選ぶべきだと思います。

「保険でお金も預けられるから一石二鳥でいいよね」と考えるのもいいかもしれませんが、自分の身に何かがあったとき、必要なお金がどれくらいなのか?そのあたりのことをしっかり考えて保険加入を検討してほしいと思います。老後のことをしっかり考えてお金を貯めておきたいなら、ぜひ貯蓄できる保険を活用したいものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.