都市銀行の特徴

都市銀行の特徴は、何と言ってもその資産の大きさです。

都市銀行のメリット・デメリット

都市銀行の特徴は、何と言ってもその資産の大きさにあると思います。中でもメガバンクと呼ばれる三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行は、大企業への巨額の融資や、国際的な取引などを担っており、日本の経済活動の要としての役割を果たしています。

個人の顧客に対しては、様々な充実した金融サービスを、全国規模で提供しています。そのため、出張や転勤などで日本国中を飛び回る人は、メガバンクの口座を一つ持っていれば、全国どこでも利用できるというメリットがあります。また、海外の金融サービスとも連携しており、海外の主要都市にも支店をもっているため、海外出張や海外赴任などが多い人は大変利便性が高いと思います。

一方デメリットとしては、振込手数料やATM手数料、外貨預金の為替手数料など、全体的に手数料が高めである点が挙げられます。全国規模でのサービスを提供するためには、膨大な店舗維持費や人件費がかかるため、その分を各種手数料で回収しようとしているためです。また同じ理由で、預金金利も全体的に低めであり、店舗維持費のかからないネットバンクや営業範囲を限定している地方銀行に大きく劣ります。

また、全国規模でサービスを提供しているメガバンクといえども、首都圏や大阪などの大都市以外の地域や地方では、市内に支店がないことも多く、ATM台数もその地域の地方銀行に比べ少なめで、利便性が良いとは言えません。

このように、都市銀行の特徴である「巨大な資産」とそれに基づく「全国規模でのサービス提供」は、メリットとデメリットを併せ持っていると言えます。自分の住んでいる地域や活動エリア、ライフスタイルに照らし合わせて利用することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.