マンション購入か貯蓄か

マンション購入か貯蓄かは独身女性が一度は悩む問題です。

マンション購入のメリットとデメリット

独身女性が一度は悩む問題の一つに、マンションを購入するか否か、があります。貯金がある程度貯まり、マンションの頭金を用意できるようになった35歳を過ぎたあたりからマンション購入を検討する人が増えるようです。マンション購入には、それぞれメリットとデメリットがあります。

まず、マンション購入のメリットとしては、@自分名義の資産ができるという点があります。購入した価格よりも下がってしまいますが、必要があれば現金化できる資産を持つことができるのです。不動産は、インフレに強く、お金に変わる現物資産として価値があります。良い物件を購入しておけば、結婚などで住まなくなった場合でも、賃貸にまわし家賃収入を得ることができます。

もう一つのメリットは、A将来の住まいを確保できるという点です。賃貸マンションやアパートの多くの管理人は、高齢者が一人で入居することを嫌がります。自分のマンションで孤独死されては困るためです。そのため、現在では、歳をとってから一人で住める賃貸物件を探すことはなかなかに難しいことになっています。そうした意味では、早めに住居を確保しておくのは安心なことだと言えます。

また、自分の力で手に入れた自分だけの家は、何よりも癒しの空間になること間違いありません。「自分の城」を持つことにより、「マンションのためにがんばろう」と仕事への意欲も向上することでしょう。

デメリットとしては、まず@貯蓄の大部分をマンション購入の頭金に充てることになるため、現金の貯蓄は大幅に減る、という点があります。また、当然のことながらローンを組むわけですから、借金を抱えることになります。

もう一つは、Aマンションは一度でも住むと中古となってしまうので、結婚などで売ろうと思った時に、買い叩かれてしまうという点です。転勤や結婚などで違う地域へ移りたい場合も、物件を売却しない限り移れないという可能性があります。

何より、住宅ローンが完済するまで独身なのか、仕事を続けることができるのか、病気を患わないか、といった不安を人で背負わなくてはならなりません。また、結婚の話が出た時、女性側がローンを抱えていると、男性側は躊躇してしまう、という話も良く聞きます。

近年、独身女性向けのマンションや女性向けの住宅ローンなど次々と新しい商品が生み出されています。これらの商品をじっくり比較検討すると共に、住んでいる地域や、自分の収入及び貯金、そして今後のライフプランを見通してから、マンション購入か、貯蓄かを判断すると良いと思われます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.