ライフプランを意識する習慣を

ライフプランを意識して、それに合わせた貯金や自己投資をする必要があります。

シングルライフの三種の神器は医食住

一昔前まではほとんどの女性が当然のようにしていた結婚や出産。しかし現在は、女性の社会進出と価値観の多様化により、30歳以下の女性の未婚率は6割近くにのぼっています。女性は昔に比べ、生き方を選ぶ自由を得たと言えるでしょう。

一人で生きるという自由を得たということは、同時に人生における経済的責任も、自分一人でもたなければならない、ということでもあります。独身で生きていくためには経済的自立が必要であり、そのためにも日頃から自分のライフプランを意識し、それに合わせて貯金や自己投資を進めていく必要があるのです。

20代から30代前半の独身女性は、まだ今後のライフプランを模索している状態だと思います。同じ職場でキャリアアップするのか、転職したり資格を取得したりして新天地へ行くのか…など自分がこれからどのように進みたいのかを考えていくことが大切です。そのためにも、この時期には資格の取得など、自分磨きに時間とお金を投資することも大切です。

35歳以上になると、会社でも中堅どころの立場となる人が多く、今後の方向性もある程度定まってきていることでしょう。この時期の独身女性がぶつかる問題が、住宅の問題です。生涯独身であった場合に備えマンションを購入すべきか、それとも現金での貯金を増やしていくべきか…それぞれにメリット・デメリットがありますので、慎重に検討することをおすすめします。また、「買う」という結論が出た時にスムーズに動けるよう、この時期までに頭金として使えるようなくらいの額を貯金しておくことが理想的です。

結婚は相手があってのものですので、「この時期にしたい」と人生計画に組み込むことはできません。結婚については、可能性ができたらその時に検討すれば良いのです。まずは自分の人生をどう生きたいのかを明確にした上で、ライフプランをたて、それに向けてなるべく早いうちから貯金を始めることが大切です。そして、少しずつシングルライフの三種の神器「医食住」をそろえ、将来の不安を軽減していきましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.