サーバ型電子マネー

サーバー型電子マネーは、仮想マネー、バーチャルマネーとも呼ばれています。

お金の価値をデータ化

サーバー型電子マネーはオンライン上で経済活動を行う際に用いられる貨幣的な価値を持つものです。仮想マネー、バーチャルマネーとも呼ばれています。お金の価値を、文字や数字等の文字列情報に変換することにより、ネットショッピングやオンラインゲーム等のインターネット上のサービスで、お金として利用できるようにしたものです。具体的には、「WebMoney」、「BitCash」、Appleの「iTunes card」、そして任天堂の「Wiiポイント」などが挙げられます。仮想マネーはコンビニなどで購入することが可能です。

サーバー型電子マネーの使い方について、任天堂の「Wiiポイント」を例に挙げ、その具体的な流れを見てみましょう。まず、コンビニなどで希望する金額分の「ニンテンドープリペイドカード」を購入します。袋を開けるとカード入っており、カードにはプリペイド番号が記載されています。Wiiショッピングチャンネルへアクセスし、この番号を入力することにより、自分のアカウントに、購入した分の金額がチャージされます。このチャージされたお金を使って、新しいゲームをダウンロードすることができるのです。

このようにサーバー型電子マネーは、お金の価値をデータ化することにより、ショッピングサイトやオンラインサービスでのみ利用可能な電子マネーを提供しているのです。クレジットカードと異なり、未成年でもカードを買って番号を入力するだけでオンライン決済をすることができるという利便性があります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.