カード型電子マネー

カード型電子マネーは、主に非接触IC技術を利用した電子マネーです。

プリペイド式とポストペイ式

カード型電子マネーは、主に非接触IC技術を利用したカード型の電子マネーであり、交通機関や自動販売機、実店舗での商品の購入や飲食店での利用まで、さまざまな生活シーンでの利用が可能です。

カード型電子マネーはその決済方法から「プリペイド式(前払い式)」と「ポストペイ式(後払い式)」の二つに分けることができます。プリペイド式電子マネーは、あらかじめカードに現金をチャージしてから利用するタイプの電子マネーです。

現金のチャージは専用のチャージ機や取扱店舗の他に、クレジットカードやモバイルバンキングからのチャージも可能です。クレジットカードと違い、チャージした分だけしか使えないので、使い込むリスクが少ないというメリットがあります。主なプリペイド式電子マネーとしては、Edy、Suica、PASMO、nanaco、WAONなどが挙げられます。

ポストペイ式電子マネーは、利用代金を後払いにする電子マネーです。クレジットカードと同じ機能をもつ電子マネーであり、基本的には、対応しているクレジットカードを持つことが条件となっています。カードの発行も主にクレジットカード会社が行っており、決済もクレジットカードの請求と同時に行われます。

主なポストペイド式電子マネーはQUICPay、iD、Smartplus、Visa Touch、NTTドコモが提供するDCMX miniや関西圏で使用可能なPiTaPaなどがあります。事前のチャージの煩わしさがない分、クレジットカード同様、使い込みに注意する必要があります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.