NISAの賢い利用の仕方

NISAは、練習のつもりで資産運用を始める初心者におすすめしたいです。

NISAと他の口座との使い分け

NISAは少額投資非課税制度といって、年間100万円までの投資資金であれば、利益分に対して税金はかからないというものです。それぞれの金融商品が持つリスクを除いて考えると、資産運用というものには、ある程度の時間と、ある程度の額の運用資金が必要です。言い換えれば、この時間と資金が多ければ多いほど、儲けも大きくなる可能性が高いということになります。

とはいえ、年間の投資資金が100万円以上ある人が、このNISAを利用できないのかというとそうではありません。NISAが適用されるのは、NISA用の口座を通して行われる運用についてです。つまり、銀行口座をいくつか持ち、使い分けられるように、資産運用用の口座も複数持つことができるわけです。

NISA用口座の利用については、まず、少しずつ練習のつもりで資産運用を始める初心者におすすめしたいのですが、それ以外の場合ですと、外国為替取引や、個別銘柄の株取引等の取引のタイミングが微妙で、政治や経済情勢に敏感に反応しやすいものを取引する場合におすすめです。

なぜなら、こういった取引では、暴落が予測される場合等、時には儲けのことを考えずにリスク回避行動をとらなければなりません。その際に、税金のことを計算している時間はないですし、下手に課税されると、結果はマイナスになってしまうことがあるからです。ですから、非課税という特典がつくNISAが適用される口座を一つ持ち、他の口座と使い分けることがおすすめなのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.