NISAで投資を始めるには

まず、100万円以内の投資額でどんな投資をするかを決めましょう。そしてNISA適用の口座を証券会社で開設します。

投資信託にもNISAが適用

NISAは投資関係の税優遇制度です。NISAが適用される投資の条件は年間の投資額が100万円以内であるということです。この条件が満たされれば、その投資で出た利益には税金がかからないというものです。

正直なところ、投資の利益を大きくするには、ある程度の投資額が必要なのも事実です。しかしながら、今を景気が上向きな時期であると考えると、100万円程度の投資資金でも充分に満足のいく利益を出すことは可能です。

そこで、NISAで投資を始めるには、まず、「100万円以内の投資額でどんな投資をするか」を決めることです。株式投資を考えているのであれば、どんな企業の株を、どのくらいの数買うかまで考えます。オリンピック招致が決まったので、これからは「オリンピック関連株」として上昇が期待できそうな株がたくさん出てくるかもしれません。株取引以外に、投資信託についてもNISAが適用されます。投資信託は積立式を選ぶことも可能ですので、上記の株取引と合わせて、毎月一定額を投資信託で積み立てておくといいかもしれません。

具体的な手続きについて言えば、NISAで投資を始めるにはNISA適用の口座を証券会社に開けばいいのです。NISAは公的な制度ですので、どこの証券会社も取り扱っています。中には、このNISAと他の特典を組み合わせてキャンペーンとして顧客獲得を狙っているところもありますので、これを機に証券会社同士を比べてみるといいでしょう。ちなみに、この制度の開始は2014年1月1日から。現在資産運用を始めるかどうか迷っている人は、とりあえずNISAの口座開設だけでもしてみてはどうでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.