普通預金とは

普通預金は、いつでも自由に窓口やATMで出入れや振込などができる預金口座です。

普通預金、通常貯金、普通貯金

普通預金とは、いつでも自由に窓口やATM(自動取引装置)を利用した預け入れ、払い戻し、振込などの取引ができる預金口座です。銀行取引の基本となる預金で、銀行口座を開く際には必ず作られる預金です。

普通預金の口座は、お金を預けるだけでなく、会社からの給与や、年金等国からの給付金を受け取るための振込口座としても使えますし、水道や電気といった公共料金やクレジットカードなどの支払いを行うための引き落とし口座としても利用することができます。つまり、どこの家庭でも日々当たり前のように行っている、生活費のやりくりを管理するための預金であり、生活をしていくためには欠かせないものだとも言えます。

「普通預金」という呼び名は、主にメガバンクや地方銀行、信託銀行などで使われています。普通預金と同じ機能をもったゆうちょ銀行の口座は「通常貯金」と呼ばれています。また、農協組合のJAバンクや漁協組合JFマリンバンクでは、「普通貯金」と呼ばれています。何れも、ベーシックな、基本となる預金と言った意味合いの名前がついています。

また、従来ネットバンクの普通預金は口座維持費を徴収する銀行が多かったのですが、近年のネットバンクの拡大により、今ではほとんどのネットバンクの口座維持費が無料になっています。また新生銀行のステップアッププログラムのように、同じ普通預金であっても預金残高ごとに、入出金の時間外手数料やATM利用手数料が優遇されたりするものや、証券口座と連動させて使うことのできる大和ネクスト銀行のような新しいスタイルの普通預金も出てきています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.