注目の新興国投資

注目の新興国投資先としてあげられるのは、東南アジアの国々です。

株式投資、通貨投資、債券投資

経済成長著しい新興国に投資することは、大きな利益を狙えることから注目を集めています。いわゆる新興国といわれる国には色々な国が属していますが、中でも投資の分野で特に注目を集めているのが東南アジアの国々です。

こういった国々は、経済発展を遂げられるような国家体制が整備された上で、経済発展に取り組み始め、まさにその結果が表れ始めた国です。また、新興国の中でも経済大国となりつつある国には、例えば、インド、ブラジル、ロシアを始めとする国々で、広大な国土、豊かな天然資源、膨大な労働力を有する国々であるという共通点があります。

こういった国々への投資の方法としては、株式投資、通貨投資、債券投資等があります。株式投資は新興国の高い経済成長の影響により、結果を出しやすい投資方法です。通貨投資は、経済状況だけでなく、内政状況や、他国との関係、また、世界情勢等、広い分野で影響を受け、値動きも激しという特徴がありますが、取引の方法を確立できれば、株式投資よりも素早く結果を出せます。債券投資は、株式投資や通貨への投資よりも時間がかかり、たくさんの要素を総合的に考えてその国の将来を見通さなければならないので、この3つの中では最も難しい投資方法です。

どんな方法の投資であっても、新興国投資は、ハイリターンを狙える投資です。しかし、一方で、高いリスクも抱えることになるので、新興国への投資だけでなく、先進国への投資、そして、色々な投資方法を上手く組み合わせることによって、リスク分散を図ることを忘れないようにしましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.