ネット銀行の通帳

ネット銀行では一般的に通帳の発行はされません。

自分で取引明細や取引履歴を保存する必要がある

ネット銀行では通帳の発行はされていません。初めてネット銀行の口座開設をする時にまず戸惑うのが、この通帳が無いことだと思います。そもそもネット銀行は店舗が無いために、通帳を使った取引がありません。ですのでネット銀行においては預金残高や振込などの口座の取引状況を、公式サイトの画面上で確認することになります。

ネット銀行には通帳がありませんが、ネット上で取引明細のデータをダウンロードしたり、取引履歴を印刷して管理することができます。さらに希望者には有料になりますが、利用明細書を郵送で送付するサービスを行っている金融機関もあります

ネット銀行の履歴は銀行によって違いはありますが、だいたい2年間程の閲覧が可能です。しかし、それ以降はデータが参照できない場合がありますので、すべての取引状況を把握するためには自分で1ヶ月毎などと期間を決めて、内容をプリントアウトすると安心です。

また、ネット銀行で通帳が発行されないのは、コスト削減のためでもあります。ネット銀行には窓口も自社ATMもありません。もし通帳を発行すると、他社のATMを利用して通帳記入などをすることになります。すると全ての提携ATMで通帳を利用できるようにしなければならず、そのための費用が発生します。経費削減ができていたので預金金利も高く、手数料も格安でしたが、そのメリットが無くなる可能性が出てきます。

店舗のある銀行では通帳が発行されるので、通帳を見て支払いが終わったかどうかの確認などもすぐにできます。しかし中には忙しさのために通帳記帳の時間が取れなかったり、ATMを利用した時に出てくる利用明細書で十分だと考えて、数ヶ月ほど放置する人もいます。このように長期間記帳しないと、「おまとめ」として取引内容の記載が簡略化されてしまって、詳細が確認できるという通帳の利点が半減してしまいます。しかし、ネット銀行にはそもそも通帳が無いので、記帳する煩わしさがありません。そして詳細な取引状況や取引履歴は、ネット上でいつでも簡単に確認することができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.