円の歴史

円は、明治政府が1871年に定めた時から始まります。

新しい通貨制度の新貨条例

円高と円安の話の前に円の歴史を見ますと、日本の円は明治政府が1871年に定めた時から始まります。それまでの江戸時代では、単位が両などの通貨が流通していました。円の名前の由来と言われているものに、人々がお金を表わす時に指で円を作ったことから円と名付けられたと言われています。

それまで、硬貨の種類は、江戸幕府が発行していた小判や全国の大名の藩のみで利用されていた藩札という紙幣もありました。そして、幕末になりますと、外国の通貨が大量に流入する事になりました。これにより、明治の初めは、日本のお金は非常に混乱を来した状態にありました。

そこで、明治政府は、新しい通貨制度の「新貨条例」を公布し、お金の単位が円・銭・厘という新しいものが誕生しました。古いお金からスムーズに移行できるように1両1円と決められました。当時は、米ドルの1ドルは1両金貨と交換されていましたので、円の相場は1ドル=1円という、今から考えると超円高だったということになります。

円は、ペリー来航による開国とともに外国と行われるようになった貿易に伴うものとして生まれたのですが、日米修好通商条約で、日本に不利な不平等条約を結ばされることになりました。具体的には、金銀の交換比率が海外は15対1に対して、日本では、ほぼ5対1という不当なものなのでした。これによって、大量の金が日本から海外に流出するという事態に見舞われました。

ちなみに、坂本龍馬はこの不平等に気が付いていて、明治政府の五箇条のご誓文のもととなった「船中八策」の中で、金銀比率を正そうとしたことは有名です。もしも、坂本龍馬が暗殺されなければ、不平等条約による金銀比率の是正に動いていた筈です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.