円は世界三大通貨のひとつ

円は、世界三大通貨のひとつです。日本では、円相場は米ドルとの交換比率を指す場合が多いです。

外国為替相場

まず円相場は、円に対する外貨の相対的価値、つまり、為替レートのこと指しています。普通、外貨1単位に対して円の金額で表示されます。特に、日本国内では米ドルやユーロと比較され、米ドルに対する円の相対価値を指すことが多いです。この円相場が決まるのが外国為替市場です。外国為替市場での為替レートで円と他国通貨との交換比率が決まります。これは絶えず変動しています。

日本おいては、円相場は米ドルとの交換比率を指す場合が多いです。円相場は、1ドル=100円のように表します。円相場では、円に対する評価が高まれば、円高に振れ、円に対する評価が下がれば円が売られて円安に振れます。

円相場は東京円相場のように「円相場」の前に都市名などを付ける場合があります。これは、それぞれの都市などで市場が開いている時間帯での円相場を表わすためによります。

日本円の単位は円ですが、為替取引においては、「銭」も取引単位として使用しています。外国為替相場において日本円の最低取引単位は1銭で、100銭が1円に相当します。円は、世界三大通貨のひとつです。外貨投資を行う場合、日本円と外貨での通貨ペアで取引される場合が多く、為替相場を考える時に、基本的な考え方は日本円に対して他国の通貨の為替レートがどのように変動しているのかを基準として考えます。

外国為替相場とは、各国の通貨の交換レートを表わすものです。このために、為替レートは、物価や金利と大きく関係する事になります。為替相場が円高に振れると、海外からの輸入品が安く買えますので、物価が低下します。一方で円安に振れますと、海外からの輸入品が値上がりしますので、物価は上昇します。

しかし、輸出企業からすれば、為替が円高に振れますと、輸出品の値段が上がり、逆に円安に振れると輸出品は値段が下がり、それだけ競争力が出ます。このように為替レートは、日常生活に密接に関係していて、日々の報道に耳を傾ける必要があるのが円高と円安なのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.