円安

円安とは、外貨に対して円の価値が相対的に低下することです。

円安のデメリットは物価上昇

円高と円安で円安とよく言われますが、これは、円がドルなどの外貨に対して相対的に円の価値が低下することを意味します。1ドル=95円だったものが1ドル=100円になった場合、円安ドル高になったと言います。これは、1ドル95円で買えたものが、100円必要になったことを意味します。

円安の場合、海外の製品などを買うときに円がそれまでよりも多く必要になったということなのです。円安のメリットは、外貨預金などの海外商品を外貨で買っていた場合、儲けが生まれるということです。また、円安になったことで輸出企業には追い風となります。通貨が相対的に低下したことで、デフレ圧力が弱まります。円安とは円の価値が外貨に比べて相対的に低下したことを意味します。

円安のデメリットは、物価が上昇し、商品の価格が値上がりするインフレの心配が生じることです。円の価値が相対的に低下しますので、海外旅行や輸入商品は値上がりします。海外から資材を輸入に頼っている業種では、業績の悪化に直接結びつきます。

簡略化すると円安の場合、円が為替市場で売られていることを意味します。円安になる要因は、下記の通りです。

1.日本の金利が低下すると円安に振れます。
2.ドルの金利が上がるとドル高、つまり円安となります。
3.米国の景気が良くなりますと、円安に振れます。
4.米国の財政懸念がひとまず沈静化すれば、ドル高、つまり、円安に振れます。
5.株価が上がりますと、円安に振れます。
6.日米・諸外国の政府関係者や金融当局の発言により円安に振れます。

円安は輸入する原油の価格が上昇を招きます。原油価格が上昇すれば、その影響は、多大なものに及ぶことになります。

一方で、輸出企業にとっては、安く物が売れますので株価の上昇が見込まれます。この時、海外の投資家は、自国の通貨の相対的な上昇により、割安感が出た日本株に注目が集まります。株の買い注文が増えれば、日本の株価は全体的に押し上げられ、日本の企業は活力を取り戻すことになります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.