外貨預金

日本円を米ドルなどの外貨に交換して、預金するものが外貨預金です。

外貨預金の魅力は高金利

円高と円安に関して、外貨預金が俄然、注目されることになります。日本円を米ドルなどの外貨に交換し預金するものが外貨預金です。基本的な仕組みは円預金と同じです。外貨預金にも普通預金と定期預金があり、預けたお金には、一定の利息が付きます。外貨預金でも普通預金はお金の出し入れが自由に行えます。定期預金は、原則として満期期日前にお金の引き出しや中途解約はできない点も、円預金と変わりません。円高の時に外貨預金をするとより利益が生まれやすいとも言え、円安の場合は、利益が圧縮されることになります。

現在、外貨預金は、多くの金融機関で取り扱われています。既に口座を開設している国内銀行でも簡単に利用できるようになっています。外貨預金で他の金融機関に新しい口座を開設する場合、書類のやり取りなど面倒ですので、初めて外貨預金をする場合は、既に口座がある金融機関で行うことをおススメします。

外貨預金は、日本円を米ドルなどに交換して預金をすることです。外貨預金には大きく3つのメリットがあると言われています。預金金利が外国の金利で決まりますので、超低金利の日本の預金より高金利が期待できます。また、海外旅行などで外貨預金がそのまま利用できます。

円安になれば、為替差益も得られますので、高金利と利息の双方での利益が期待できます。外貨預金にはいくつか種類があります。それは、普通外貨預金と定期外貨預金です。定期には、1か月、3か月、6か月、1年ものの定期外貨預金があります。銀行によってはさらに細分化されています。利息も金融機関によっていろいろで、一般的に長期間の定期外貨預金のもの程、高金利となります。

定期外貨預金は、原則として中途解約は認められていません。仮に中途解約すると高い手数料を取られるところがほとんどです。また、中途解約すると、元本割れを起こす可能性が高まります。中途解約はしないことに限ります。

何といっても外貨預金の魅力は、その高金利にあります。日本では超低金利が続いています。その点、外国は日本とは違って、年3%などざらにあります。しかし、金利が高い国は、政情が不安定な国が多いのですので、注意が必要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.