ネット銀行の預金

ネット銀行で預金をする一番のメリットは金利が高いことです。

ネット銀行は預金キャンペーンが目白押し

ネット銀行で預金をする一番のメリットは、やはり金利が高いことです。オリックス銀行や住信SBIネット銀行やじぶん銀行などはその最たるものでしょう。ネット銀行の預金は、メガバンクなどの市中銀行よりも高い金利が設定されています。このようにネット銀行の金利が高い理由は、既存の銀行とは違って建物の維持費や人件費といったコストがあまり掛からなくてすむことです。そしてその浮いた経費を使って、他行宛振込手数料やATM手数料などを削減したり無料にしたり、スーパー定期や大口定期などの預金の金利を高く設定しています。ちなみにATM手数料の無料で有名なのが新生銀行です。入金手数料も出金手数料も共に、コンビニATMを含むすべての提携ATMで完全無料(0円)です。

ネット銀行の預金には、新しいタイプの商品が多いです。たとえば1週間や2週間といった超短期の定期預金があります。具体的には、オリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金が知られています。またデリバティブを組み合わせた仕組預金もあり、楽天銀行には新型定期預金というくくりで、楽天エクステ預金や楽天デュアル定期預金などといった商品があります。さらに預金連動型の住宅ローンといった珍しい預金までも目にします。このようにネット銀行の預金には、今までにあまり見たことも聞いたこともないような商品が登場しており、多くの預金商品が顧客に魅力的だと支持されています。

預金商品のユニークさもさることながら、ネット銀行では預金キャンペーンの開催が頻繁に行われています。口座開設を促すものであったり、特別金利キャンペーンや円定期預金キャンペーンであったり、さらにはボーナスシーズンや春の新生活といった時期に合わせて、一年中いろいろなキャンペーンが実施されています。とりわけ日銀によるマイナス金利が導入されてから、普通預金金利や定期預金金利は金利水準が著しく下がっています。こういった優遇金利が得られるチャンスはぜひ活用したいものです。ちなみにキャンペーンの実施期間が長くて知られているのが、住信SBIネット銀行です。このネット銀行は、目的別口座やSBI証券と連動したSBIハイブリッド預金など、ユニークなサービスでも知られています。

ご利用のネット銀行が日本籍の銀行なら、その預金は預金保護法の対象となります。ですので、もし銀行が破綻した場合にはペイオフ制度によって、1つの金融機関について1000万円までの元本とその利息分が保護されます。また預金者に過失がなくて不正送金などの被害にあった場合には、被害額は全額補償されます。

ネット銀行の預金の比較は、個々の銀行の公式サイト以上にランキング形式で紹介されている金融ブログや金融サイトなどが参考になります。金融の専門家や個人投資家などが公開しているもので、金利比較や高金利ランキングなどの様々な切り口で、おすすめの銀行の情報を紹介しています。どの金融機関で、いつ、どのような内容の商品が販売されているかなどの詳細を知ることができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.