短期金利と長期金利

金融市場は、貸し借りの期間によって、短期金融市場と長期金融市場に大別できます。

無担保コール翌日物と国債の金利

金融市場は、貸し借りの期間が一年を越えるか越えないかによって「短期金融市場」と「長期金融市場」の二つに大別することができます。短期金融市場は、金融機関のみが参加するインターバンク市場と、一般企業なども参加するオープン市場から構成され、長期金融市場は、債券市場と株式市場から構成されています。

この市場別に金利を分類した場合、短期金融市場の金利を「短期金利」、長期金融市場における金利を「長期金利」と呼びます。

短期金利とは、1年以内の借入・運用に関する金利を指します。代表的なものとしては「無担保コール翌日物」があります。これは、日本の金融機関が、1年以下の短期資金の貸借を行う「コール市場」において、無担保で借り約定した翌日に返済を行う場合の金利を指します。この「無担保コール翌日物」は、政策金利とされ、日本の金融政策はこの短期金利を目標に行われていました。それ故、短期金利は金融政策の影響を大きく受けるので、流動性が高く、利率の変動が激しいという特徴を持っています。

一方、長期金利とは、1年を越える借入・運用に関する金利のことを指します。代表的な長期金利としては国債の金利が挙げられます。社債、地方債の金利なども長期金利に含まれます。住宅ローンや長期貸付の金利なども、これらの長期金利をベースに決められることが多いです。

短期金利と異なり、金融政策の影響ではなく、長期資金の需要と供給の市場のメカニズムによって決まるため、物価変動の予測に大きく左右されるという特徴を持っています。それ故、景気のバロメーター的な役割をする金利であるとも言われています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.