名目金利と実質金利

普段私達が目にする金利は、名目金利です。これに物価の上昇率、すなわちインフレ率を加味したものが実質金利です。

実質金利ベースでも考える

普段私達が目にしている金利は「名目金利」と呼ばれるもので、表面上の金利です。これに対し、実質金利というものは、この名目金利に物価の上昇率、すなわちインフレ率を加味したものを指します。

具体的には、店頭などで定期預金の金利が年1%と表示されている場合、この1%が名目金利です。そして、この1%の金利はインフレにより貨幣価値が下落した場合にどうなるのか、それを考慮したものが実質金利になります。

たとえば、100万円の定期預金の名目金利が年5%でインフレ率が2%という場合を考えます。この100万円は翌年には105万円になっていますが、インフレによって、これまで100万円で購入できたものは102万円に値上がりしているので、実質的には3万円の利子しかついていないことになります。つまり、実質金利は3%ということになります。このように、実質金利の概算は、名目金利からインフレ率を差し引くことで計算ができます。

反対にデフレ化した場合は、同じ金利でも貨幣価値の上昇により実質金利は大きくプラスになるというケースもあります。

たとえば、仮にインフレ率を−2%とします。インフレ率がマイナスということは、物が安くなり貨幣価値が上昇している状態を表します。つまり今まで100万円したものが、98万円で購入できるようになるのです。この状況で、定期預金の名目金利が年5%であった場合、実質的には105万−98万=7万円の利子がついたことになり、実質金利は7%となります。

このように、同じ金利でもインフレ率により、実際の利子の値は大きく異なってきます。店頭の名目金利だけでなく、時には実質金利ベースで考えてみることも大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.